旅の間、毎晩夢に出て来ては
なんやかんやと私にコンタクトを送ってきたのは

IMG_0983
お母しゃん…



そう、ロア嬢です。

レスキューされた犬を引きとりわずか2週間後の旅だったので
(引きとったものの私のせいで逆に人間不信にさせてしまったらどうしよう…)
そんな新米里親ゆえの不安があって
楽しい旅の間もずっとこころから離れなかったから見たのだと思いますが…
それでも、なんかそれだけではなくて
彼女「何かを持っている」気がします。

IMG_1159
えぇ、持っていますとも!


実際に出逢う前、実は夢の中で彼女とはすでに会っていたことに
引きとってから気づきました。
その時の夢は、天国に行った動物たちと
ここに生きているものとの境界線の夢だったのですが
天国にいる子たちにふれたくてもどうしてもふれられなくて
切ない思いでその動物たちを見ていたら
ふっと温かい1つの命が私の膝の上に乗ってきたんですね、
その時は茶色っぽくて少しウェーブがかかっている毛の
小型犬というぼんやりした記憶しか残っていなかったのですが
ロアが私の膝によく乗るようになって
ある日、そんな彼女を膝の上に乗せ撫でていたときに
「あ…あの時の!」Σヾ( ̄0 ̄;ノ
ふっと夢の光景とマッチしたのです。


夢の中で「ここに(我家に)ずっといていいの?」
そんな感じのメッセージらしきものを送ってくることもあるので、
日常の暮らしの会話+
夢のなかで秘密会話もする犬と人間のちょっと変わった親子関係かも~(笑)


そうそうちょっと変わった…といえば
ラオスでもあちこちで
かわいいゲストが一緒にいてくれました!(あ、ゲストは私たちか

P1090758


光のオーブたち

P1090759


P1090906


P1090750



(これはうまくいかないかな…)と思うことでも
結局、私たちの願い通りにすべてことが運んでくれたのも
オーブたちがきっと影でサポートしてくれていたんだろうと思います。

ありがたい~

P1100242


次回は人生初、これが最初で最後だろうという
信じられない不思議体験をしたのでお伝えします~