ChieArt Diary

ChieArt Diary

2013年06月

22年ぶりのSedona

ちょっぴりご無沙汰していました~!
日焼けバンバンで帰国しました!
と、まるで本日帰国みたいな勢いですが
帰国して1週間近く経ってます~(笑)


IMG_2456

ボルテックスの一つ「ベルロック」にGO!


22年ぶりに訪れたセドナは
もうまさに

「今でしょ!! Σヾ( ̄0 ̄;ノ」 
というタイミングでした。

行くまでは全然そういうことにも
気付かずにいたのに
旅の最中
「あぁ、だから今だったのか~」
「それで来たのか~」
と思うことが色々とあって
大袈裟に言ってしまえば
「魂の癒しと再生」を
ヒシヒシと感じとれた旅でした。

運動嫌い。
スポーツ嫌い。
トレッキングなんてありえない~
という私が
今回の旅のメンバー8人の
「登るぞ~」という前向きエネルギーに引っ張られ
なんと毎日登っていたのが今でも信じられない。

IMG_2474


IMG_2534
日焼け防止のためにもChieArtスカーフを持参しました♪


たくさん書きたいことがあるけれど
ちょこっと最近慌ただしくて
PCに向き合う時間がなかなかとれないので
旅のお話はまたゆっくりペースでさせて頂きますね

最後にFacebookの方ではアップしましたが
コレ…ちょっと笑えるので。

思わず 「子供かっ!! Σ(゚д゚;)」


IMG_2470

登ったぞぉ~!!


追伸

渡米2日目、ロアの具合が悪くなって
(そっとさわるだけでも鳴いたそうで鳴きっぱなしだったみたい)
鎮痛剤を打ってもらったという連絡があり
かなり焦りましたが
身体ではなくメンタルの落ち込みがそうなったみたいです。

帰国後はこの通りケロり。

IMG_2876


おかえり、お母しゃ~ん


…ったくもう

わざわざ家まで来てくれていた友人にも兄にも謝りなさいよね~



それはみなさま、よい週末を♪


のどかな日常

ロアでし。

母がまだ帰って来ないので
つまんないでし。。。。

ネイティヴインディアンの聖地ってとこに
行っているらしいのでしが
もう戻ってきてもいい頃でしよ~


もうブーっっデシ!!!
IMG_1902


ふくれっ面でし。。。。。


お母しゃんはよくワタシの写真を撮るのでしが
ワタシはすごーく苦手でし。

「やだ~魂を抜きとられるとか思っているんじゃない!」
意地悪な母はそんなワタシを見て大爆笑をしますが
苦手なんでし、仕方ないでし。嫌いなんでし。

だけどしつこい母にいつもレンズを向けられているんでし。

先日もバルコニーで気持ちいいなって日向ぼっこをしていたら


IMG_1890


なんだかうとうと眠ーくなってしまって
IMG_1889


そんなときに声をかけられて

ん、なんでしか?

IMG_1888
半分眠っているでしよ。。。



これをみて母は爆笑!
「わはははは~こりゃブサイク過ぎる~!!」って
ひどい、性格悪すぎるでし。。



ふん。帰りが遅いので
意地悪な母の一面をバラしてやったでし~



IMG_1899




確か今日戻ってくるはずなんでしが。。。。。

早く戻って来てでし~



ロアのつぶやきブログ

みなしゃん、お元気でしょーか?

てへへ。
照れますが
笑顔でこんにちは~でし!

IMG_2243

母の留守中、ワタシがブログを更新しちゃいマシ。

母がもっとも大嫌いなこと、
それは「運動」なんだそーです。
お散歩も苦手というから
見事なグータラぶりでしね。

そんな母が先日
吉祥寺の「井の頭公園」という
おっきい公園に連れて行ってくれました。

お散歩途中でも
すぐ家に帰りたがるワタシを見て
どうやら場所をかえてみようと
考えたらしいのでしが
お散歩嫌いな母を楽させようという「子心」を
母はまったくわかっていませんでし!ったくもー。

ところでこの公園に
とっても気持ちがいい場所があるんだそーでし。

気持ちがいい感じがするから
シェアするようにと頼まれたので
アップをしてみましね~。

これデシ↓

IMG_2378

「お茶の水」とかって書かれていたんだそうでし。

調べてみると
徳川家康がお茶をたてるのにここの湧水を用いたんだそーでし。
由来があるところみたいでし。

母は感覚の人なので
自分の感じ方を大事にしているそうなんでしが
清らかな水音が気持ちよかったと言ってました~


2キロ少々だった体重が
4キロ近くなってしまったので
これでは足に負担がかかると
歩かせてダイエットさせようと必死みたいだけど
お母しゃんがいっつも食べているから
食べる楽しさを学んだんですよ~っっだ!

お後がよろしいようで♪

IMG_1755

今日も明日もよい一日!をでし~



ロアのつぶやき

こんにちは。ロアでし。

えーと、私の母は画家だそーです。

画家というのは絵を描くんだそーです。

が・・・・
これはいかがなものかと…

P6036632[1]


あの、ワタクシ入浴中なんですけど
で、一応女子なんですけど

ゆでたこなんですけど

母しゃん悪戯するの、やめちくり。


挙句の果てに
「お風呂上がりは歯磨きに限るね」って
P6036638[1]


こんなポーズまでさせて。
何を遊びまくっているのかしら。
お母さんったらヒマなのね


あ!遊んでるっていえば
みなしゃん、聞いて下さいでし!

ひどいんです~!

実はお母さんったらまた私を置いて
アメリカにいっちゃっているんですぅ!!! ひぃぃぃ

「後はロアに任せたのでブログをよろひこ~!」
なんて犬に無茶ぶり言っちゃってますが
そんなわけで私が代わりに
ブログで愚痴らせてつぶやかせてもらっちゃいマシよ!

乞うご期待デシ



IMG_2036

でも、早く帰ってきてデシ



ギャラリー

めちゃくちゃ慌ただしいと
エッサホイサと懸命に走りながら
つい自分の力だけで
道を切り拓いて来たつもりになりがちだけれど

振り返ってみると、わかる。
その何十倍、何百倍の方々に
おおざっぱで荒削りな状態を整えてもらって
ようやく道らしくなっていることが。

私の作品を大事に思って下さっている方々が
時々写真を送って下さる。
以前こちらでも紹介したけれど
「こんなふうに家では飾っているんです」といったような
その後の作品の様子を伝えて下さったりする。

先日、作品を好きでいて下さっている方から
自分の家の中で
ChieArtギャラリースペースのようなものを作ったので…
と送られてきた一枚の写真。


image (3)

被災地にいるその方は
周りの方々が
ほっとできるようなスペースを作りたかったんだそう。
自分の家のなかにあるChieArtスペース。
自分が出来ることのひとつとして
東京の個展会場まで行けない方々に
でもChieArtの世界を知ったら
気持ちがぐっと楽になるんじゃないかなと考え
繕いでもらえる部屋を整えてみたんですとおっしゃった。


自分で道を拓くつもりになっていて
実際はみなさんに支えられて助けられて
やっとのことで
作品たちが世の中で光を放ち活用し
仕事が行えているんだよね…。


私がしているのは
作品をこの世に生み出すこと。

その作品を活用して下さる人たちがいて
はじめてChieArtが完結する。

このことをいつまでも忘れるな、自分。


いつも作品を愛して下さっているみなさんに
改めてありがとう×10000000000000!!!!!


優しい気持ちに励まされています!






同じ空の下で

かわいい後輩のように感じている友人が
"愛する人″とお別れをした。

お父さんの余命がわずかだと知ってから
どれだけ彼女が家族に尽くしてきたかを知っているだけに
言葉にできないたくさんの想いが胸に残る。

「最期の時にChieArtに囲まれていたら
どれだけ安心できるかな…」

彼女がポロっとつぶやいたことがあったので
何とか支えになれればと
こっそり作品を準備している最中だったのだけれど
間にあわなくて…
結局何の役にも立てなかった。
ごめんね。

IMG_1655


同じ空の下で
最高の喜びを感じているひとがいる。
そして同じく、いまこの瞬間に
悲しみに打ちひしがれているひともいるだろう。
明日を悩んでいる人もいるだろう。
お腹を抱えて笑っているひともいるだろう。

冷酷かもしれないけれど
誰かの人生を代わりに受けとめることなんてできない。
それぞれにはそれぞれの人生があって
この空の下でそれぞれの時を刻んでいる。
それが、人生。
だけれども
私が全身で喜びを感じているときに
誰かがとてつもなく大変であるかもしれないことだけは
いつも忘れないようにしようと思う。
頭ではもちろんわかっていることだけど
頭で理解するのではなく
感覚としてそれを忘れないようにしようと思う。


なんかね、うまくいえないけれど
この空の下
同じ空の下
色々あるけれど
みんな、幸せになろうね。

そんなことを想う。

そんなことを想わせてくれる空の色。




授乳体験!

ビニル袋に入れられて
境内に捨てられていた生まれたばかりの子猫たち
無事保護されたそうでよかったけれど
ビニル袋に入れられた赤ちゃんって…
あきらかにこれは人の手によるもの。
本当にひどいことをするものだ。

まだ目も開いていない赤ちゃんなので
体温調整も必要。
里親がみつかるまでの期間
授乳ボランティアを申し出た心優しい友人宅へ
ロアとお邪魔しに行くと・・・

あらあらなんともかわいい赤ちゃんたち

IMG_2310


注射器でミルクを飲ませるお手伝いをさせてもらってドキドキ。
おしっこもまだ自分ではできないのでお手伝いをさせてもらった。

上記の茶猫ちゃんは引きとり手を決められたのだけど
(茶猫ちゃん、幸せになるんだよ~
あともう一匹。
きっと名乗り出てくれる人はすぐに出てくるはずだけど
どうしても見つからないときは
ChieArtでも募集しようかな…。

赤ちゃん猫も親からいきなり引き離されて可哀想だけれど
親猫も産んですぐに我が子と引き離されてどれだけ不安か。。。

赤ちゃんの泣き声に反応をするロアを見てそう思った一日。
ロアもたくさん子供を世の中に送り出してきたんだものね。。

元気いっぱいで生命力あふれる黒いシマちゃんも
優しいお母さんが見つかりますように。

IMG_2333



人が命を捨てるという行為を
もっと深刻にとらえられますように。

犬も猫もうさぎも鳥も…みんな命。
私たち人間と同じ命。
モノじゃない。




流れのなかで

ここのところめまぐるしく状況に変化があって
気がついたらブログ更新が滞っていました~
わぁ~ごめんなさい
っていうか誰か楽しみにしてくれる人いるのって話ですが(笑)

さて、ロアはここのところ発作が起きなくなりました!
嬉しい~っっ
もうそれだけで神様に感謝です。
彼女をそっと応援して下さっているみなさまにも感謝です。
きっとそういう優しいエネルギーを受けとって
日に日によくなっていっているのだと思います。
ありがとう

まだ社会に不慣れなことが多くて
犬同士とのお付き合いも苦手だけれど

IMG_2218
優しいお友達と一緒に緊張ガチガチの一枚(笑)


それでも彼女なりに一歩一歩成長していっています。
一歩一歩前に進んでいます。
そんな彼女を見守り寄り添える役を頂けたことが
私にとっては何よりもありがたいこと。
大嫌いなお散歩も
ロアがいてくれるからこそ歩けていることで
それもこれも彼女が運んで来てくれた「幸せ」なんだと思います。

ロア散歩


色々とお伝えすることがあるのに
流れに乗ることだけでいまはいっぱいで
ひとつひとつが整理できていなくて
まだご報告ができない状況ですが
きっとみなさんがにっこりしてくれるご報告になると思いますので
もう少々待っていて下さいね。

IMG_2027




知らなかった自分の一面を
いま、見つめています






7年ぶりに

お台場にロアを連れて行った。

IMG_2259

ロアにとってたぶん犬生初となる海辺。

IMG_2264


砂浜の感触はどうかな?
潮風は気持ちいいかな?

IMG_2270


ここに立つと懐かしさで胸がいっぱいになる。
初めての試みを行った
野外でのChieArtセラピー展。
音楽と、詩と、絵画と、潮風と、陽光と…
たくさんの人たちが観に来てくれた野外個展。
私にとってあの日あの瞬間は
二度と来ない忘れられない時間となっている。

お台場アートセラピー


あの時は母もまだこの世にいて
嬉しそうに私のレクチャーを聞きながら
アートワークに参加したんだった。

そこに、いまロアと立つ。

IMG_2279


今年になってなぜか、ぽろっぽろっと
昔を思い出すことが多くなってきた。

その昔という意味は「過去」ではなく
「原点」を思いかえさせてくれるもので
同じようなシチュエーションであっても
「いま」自分が立っている場所が
「昔」とは確実に違うことに気がつかせてくれる。

どうも今年は私にとって「原点」がキーワードみたい。

原点に戻って
「命」と向き合わせてくれている
ロアという存在につくづく感謝。
助けて下さっているみなさんにも感謝。

キャラのときもそうだったけれど
彼女たちを眺めていると
何もしなくてもそこに「在る」だけで
こんなにも完璧なのかと感動してしまう。



追伸
今年の9月個展では
かなりびっくりすることがあると思うのでお楽しみに。
えー!うっそでしょう?という皆さんの声が聴こえて来そう(笑)
また改めて後日発表します。