ChieArt Diary

ChieArt Diary

2013年09月

胸いっぱい

ありがとう!
まずはこの一言をみなさまに伝えます。

涙と優しさと笑顔に包まれた
夢のような7日間でした!


__ (22)


普段みなさんと直接お話をしたり
会う機会がないので
個展期間は本当に楽しくて
エネルギーに満ち溢れて
(終了しちゃいました)と書きたいところだけど
肉体的には7日間がたぶんギリギリなので
寂しいけど、ありがとうで締めくくらないとと
自分に言い聞かせています。

あの不思議な空間の感覚が
まだ残っている人もいるかと思います。

私も胸いっぱいです。

過去最高数を出展した分
作品たちも過去最高のお嫁入り数になりました。

みんな嫁ぎ先が決まって
作品たちもワクワクしていると思います。
どの作品もかわいい大切な光の子たちなので
どうぞよろしくお願いいたします。


個展は終わったとはいえ
その後の仕事はまだもう少し続くので
余韻にひたりながら
もうしばらく個展気分を味わいます♪


会場に来れなくても
気持ちを会場に向けて下さったみなさまへ
そして会場に足を運んでくださったみなさまへ
本当に本当にありがとう!

__ (20)
後ろに飾っているのは初チャレンジの「羽衣」


大好きです~!!!!!! )^o^(

会場の様子はまた綴りますね♪


個展直前の告白

個展直前のいま
(ここに来ていまさら何を言うつもり?)
そんなふうにも考えたのだけれど
ようやくここまで来たいまだから
そして、いまじゃないと
たぶんずっと本音を語れない気がするので
この場を借りて
今日はそっと打ち明け話を。

今年は制作続きで
かなりのオーバーワークだったので
疲れの反動でそうなったのかもしれないし
もしくは、創作に集中しすぎたあまり
エネルギーが繊細になりすぎて
普段はスルーするような様々なものにも
過敏に反応していたのかもしれない。

この夏。

つくづくね
(もう還りたいなぁ…)と
心底感じた瞬間があったんですね。

P1100445


「何も役に立てていない自分なんて
いる意味なんてあるの?」なんてね。
父や母にも「どうか早くお迎えに来て」と手をあわせてた。


かけがえのない我が子がいるというのに。

被災地での支援で
子供たちから暖かいレターをもらって
励まされたばかりだというのに。
来年も行く約束をしているのに。

レスキューされたロアをいう
愛らしい娘と出逢って
豊かで楽しい日々に感動しているのに。

優しい友人たちに恵まれているというのに。

特別な何かが起きたわけでもないのに
急にね、ふっとそう感じてしまった。

空っぽになっちゃった感覚。

IMG_3376

すべてが空回りをしてしまっていて
自分では、一生懸命やっているつもりでも
何ひとつ何も届いていない気がして…。

その一方で

もともと専業主婦で家事しかできなくて
たいして何も持っていなかった自分が
気持ちだけでよくもまぁ
自分を信じてここまで道を拓いて来たな…と
妙に感心する想いもあって

空回りしているだけで何もできていない
情けない自分という50%の気持ちと
よくやったからもう十分という真逆の50%の気持ち。

友達といれば笑っていたし
美味しくご飯も食べていたし
仕事もバリバリしていたけれど

そのふたつがあわさって
「空っぽ」になった時が続いてた。

きっと
役に立ちたい気持ちが強すぎるんだな。

例えば10階までやっとこのぼれたとしても
その時点ですでに12階を目指しているから
いつまで経っても
全然できていないと思ってしまう・・。
なかなか自分を認めてあげられない。

IMG_2747

魂の奥底に眠っていところに光を投じて
人々の意識に少しでも何かを働きかける…
図々しく言わせてもらえれば
そんな「魂の仕事」をしているつもりになっているから
社会をみても
人々をみても
なんだか一向に光が射してこない気がして

あぁ、無力過ぎて何の影響も与えられない…と。
私は力がなさすぎる…と。
その発想自体が
すごいエゴだということはわかっているものの
虚しさはどうにもならない。

そんなとき
突如、救世主のように現われて
救ってくれたのは
やはり作品たちでした。


自分の不甲斐なさにバカみたいに
涙をぽろぽろ流しながら描いている時
ある作品が
まるで私を助けにきてくれたかのように
すっと現われてくれて…


その作品をみたとき
「ほら、まだやることが残ってるでしょう?」
そんなことを言われているような気がして
甘えてる自分の弱さを見抜かれて
ピシッと正してくれた瞬間でした。
うまく表現できないけれど
大いなる愛にふわっと抱かれたような感じ。

その作品を目にした時から
何かが変化し、ムクムクとまた
制作意欲が高まったというわけです。


いつも明るく笑顔で
強くて元気いっぱいのChieさん像。

そこだけ見せればいいのだろうけれど
私も意外と迷ったり悩んだり
落ち込んだり沈んだりしていますよ~と
本当の自分も
たま~には正直に伝えておきたかった。

そんななかでも
作品に支えられ
人に助けられ
時間と共に元気になっていく。
人間って本当にたくましい。

いい時沈む時を繰り返しながら
それでも一歩また一歩と
前を見て進んでいっているんだろうな。


弱さを持っているから
強くなろうと思うし
弱さを知っているから
強さを持てているんだと思う。

IMG_2804



毎年恒例のいつもの原画展ですが
そんなストーリーも
ちょこっと裏ではあったことを
どこかで思い出として記しておきたくて
思わず綴っちゃいました~

聞きたくもない内容だったかも…
ごめんなさいね。


そして救いに来てくれたその原画作品は
今回、会場で展示することにしました。

たくさんの方にご覧いただければと思っています。

そんなこんなで
生涯に2度と来ない
2013年のオリジナルChieArt原画展
いよいよ始まります~♪♪


それではみなさま、会場でお待ちしております~♪




出展作品

残すところ個展開始まであと4日!

お待たせしました。

今日は出展作品たちを発表します。
ちなみに今年は過去最高の出展数になります。
非売品も3つだけに抑えました。

作品数は…なんと22作品+羽衣~

「母子像」 「久遠」 「信じる力」
「人生の選択」 「家族」 「Love」
「誓い」 「覚醒」 「愛の波動」
「無邪気」 「マリア」 「騎士団」
「愛のたね」 「聖典」 「彩雲-幸運-」・・・・etc



「信じる力」はCDのタイトルのなかにもあるのですが
CD「Trinity」を流しながら描いていました。
数年ぶりに誕生してくれたこの作品、
自分の作品で涙することはあまりないのですが
原画を見たとき思わず涙がこぼれました。
透明感がある中で深い力がある作品です。


「久遠」もこれまで何作品か誕生しましたが
今回の作品は、抜けていてとてもいいです!


「騎士団」もまたひょこっと誕生してくれました!
でも今回のは赤色ではないんです。
何色でしょう?笑


初めて挑戦した連作も
無事額装が終わり
本日綺麗に出来あがってきました。

連作はいつかしてみたいと思いながら
やっぱり思いのほか簡単ではないので
別に今年じゃなくてもいいや…と
ずるずるとなんとなく先送りしてきたものです。

特に今年はずっとCD制作で忙しかったり
羽衣を制作したりと
いつも以上にハードな制作年だったので
気持ち的にはもういっぱいいっぱいで
連作など頭になかったのですが。。。

でも、今年のDMの顔になった
作品「光の扉」が誕生した時
どーんと何かが背中を押してくれて
「今年チャレンジしてみないと!」と
気持ちを奮い立たせてくれました。


ChieArt初の4連作です。


__ (5)


そして2連作。


__ (20)



いつか私が年をとって向こうに還るとき
「2013年のあの個展は凄かったな」
間違いなく自分自身でそう思える個展になると思っています。


忙しかったり疲れがたまってきたりすると
思わず守りに入って
コンパクトにまとめたくなるけれど
その甘い誘惑を振り切れるほどの情熱が
まだ自分のなかに残っていることが、なんだか嬉しい。



CDジャケット

月が綺麗な夜ですね 
ん~気持ちいい光!思わず深呼吸。

さて、すでにお伝えしていますが
今年は初CD「Trinity」を会場にて先行販売します
CDジャケットはこんな感じになりました

じゃじゃ~ん

IMG_3732

実はこのCD、まだ出来あがっていません。
ということで、私もまだ完成版は手にできていません。

でも、大丈夫

個展前日には会場に納品されますので
色々あってもどうにか間にあうという…
結果必ずうまくいくのが、ChieArt(笑)

このCD、一旦スタジオ録音でOKが出た後
後日、もうひとがんばりできないかな。。。との
ディレクターさんの熱心な想いで
もう一度マスタリングのやり直しをしたりしていたんです。
こんなに愛情を注がれて…なんてこのCDは幸せなんでしょう!
本当にありがたいことです。

なので予定よりだいぶ遅れてしまったのですが
CDの完全版の音を
会場でみなさんと一緒に「初めて聴く」
という流れになっているのも
なかなか意味深いような気がします

「感謝しなさいよ、誰に支えられて今があるのか…」と
言われている気がします。


というわけで、会場でも流します
(かなり恥ずかしいけど

そうそう、CDのこぼれ話のひとつを
お伝えしますね。
CDのなかで水の音や鳥の声を入れてもらったのですが
これは屋久島の生録音の音です!

そして同じく、生録音したもので
ヨーロッパの鐘楼の音も入れてもらいました。

敏感な方はこの自然音だけでも何かを感じてくれるかも。


全国発売は10月4日ですが
下記ページからも予約購入ができるので
是非見てみてくださいね。
※アマゾン、楽天、セブンネットショッピングでも
購入できるそうです!

詳しくはこちらをクリック。(「Shopのご案内」でもリンクを貼っています!)
視聴も少~しできます  あーでも恥ずかしいかも

http://www.starcia.co.jp/trinity/



技術がない分、
心と祈りを音に込めて一生懸命に創りました。
たくさんの方に聴いて頂きたいな。

ドキドキ…。



今年のChieArt展は
初の試みとして
音楽と、原画と、羽衣で
空間全体をChieArtの光で思いきり包むつもりです!





お嫁入り作品

秘かに今回の銀座で出そうと思っていたのに
直前で海外へお嫁入りしたのはこのお方。

そして連れて行ったのはこのお方。




IMG_3361


Simi~!

スイスに連れていってしまうなんて


ことの流れは先月末。
日本に遊びに来ていた彼女を
お台場まで案内していた最終日のこと。

ゆりかもめに乗っている時
突然、彼女から矢継ぎ早に質問が。

「Chieの作品を海外に住んでいる外人はどうやって買えるの?」
「ネットでは買えないの?」
「カタログはないの?」
「スイスで個展は開く予定はないの?」

ど、ど、ど、どうしたんだ、いったい!
何が起きたんだ?

なぜ急にそんなことを言い出したかというと
ちょうど今年が結婚20周年なんだそう。
生涯の記念に残るものを探しているうちに
原画がどうしても欲しくなってしまったらしい。

実は滞在中に一度アトリエに来ていて
そのとき原画を見て何かを感じたんだそう。
この作品も見た瞬間
「あ!この絵は私のところに来るものだわ!」と
はっきりと言ってたんだよね。

だけど彼女から愛するご主人への
サプライズギフトにどうしてもしたかったらしくて
言い出せないまま最終日まで来てしまったとのこと。
というのも、いつもご主人とは一緒の行動だったので
絵の話をすることができなかったらしい。
でも、たまたまこの日の朝
ご主人に緊急の仕事メールが入って
最終日だけ急に別行動で彼女一人になったのも
何か意味があるのかも…。

「世界にたったひとつしかない原画でなければ嫌」
そう言って最後まで原画に拘った結果

あの作品がスイスへと旅立っていくことになりました。

そして、原画がスイスに行ったすぐ後で
彼女の妹さんの結婚が決まったそうで
おめでたい喜びのご報告に、私もほっ。
よかったね~嬉しいな。

いつかこの子に会いに
スイスへ行かなくちゃ。


海外での暮らしが長くなって
言葉通じなくなっていたりして(笑)



世界のどこかでChieArtが光を放ちながら
魂の仕事をしていることが、何よりも嬉しい。


作品セレクト

バタバタの毎日。

個展準備という
ただでさえ一年でもっとも忙しい時期に
別件のもろもろで移動・変更が立て続けにあって
その指示などに追われ
信じられない忙しさ ゼイゼイ…


「お~い、最近、深呼吸できていないぞ~
自分に言い聞かせる。

忙しい時こそ、深呼吸していかないとね。

__ (20)

そんな状況のなか
朝、メールを見ると
「このメールを読んだら一緒に深呼吸しよ~ね

ナイスタイミングで友人からの励ましメール。
束の間だけど、一呼吸。
温かくて気分もほっこり。
友達って本当にいいものだなぁと思う。 ありがとう~


そして、個展の作品セレクトはついに終了!


__ (6)

このお方も出演予定。
ボケちゃっててわかりづらいですね、すみません


出展作品についてはまた追々お伝えしようと思います。

実は、今年、出そうと思っていた作品が
個展前に海外へお嫁入りしてしまいました。


あひゃ~予定がくるった~

でも、すごーく大切にされることがわかるだけに
親としてはとっても安心で嬉しい。

次のブログでその作品画像をUPしますね。


__ (5)

タイトル「犬と絵」


あら、何気に絵になる…(笑)


さて。もうひと踏ん張り~

忙しくしているみなさん
一緒に深呼吸して乗り切りましょうね~


私からもフレーフレー!!




カレンダー情報♪

来年の壁掛けカレンダーについてのお知らせです。
22日より個展会場では先行販売いたします♪

for_hp_calendar



HPでのお申込みについては
10月1日より「SHOPご案内」にて受付開始ですので
もう少々お待ち下さいね。
※今年よりFAXでのご注文は受付できなくなりました。
申し訳ございません。<m(__)m>

今回制作したカレンダーには
新月、満月の日が何気なく明記されています。
なんとな~くのひらめきで
入稿直前に慌ててつけ足してもらいました!

新月だったらどうなのか
満月にはどんなことをしたらいいのかなどについては
きっとみなさまの方がよくごご存知だと思います。
ちなみに私は意外とこういう知識がないもので
まるでわかっていません。でも付け足したという…(笑)

少しでもご活用頂ければ嬉しいな。





個展情報

個展情報です。
最新情報でも掲載していますが
いよいよ今月22日(日)より銀座で個展がスタートします!

musashi01
詳しくは最新情報をクリックしてみてくださいね。


さて、今年はまさにクリエイティヴな年でした。
大きなチャレンジとして作曲にトライし
こっそり陶芸も始めています。(こちらはお披露目するにはまだまだですが…)

展示作品も今年は何かが変わると思います。
まだセレクトしていないので
ハッキリしたことは言えませんが
こちらも原画展で初めてのことをしようと思っています。

そうそう、綺麗にかがってもらった絹の羽衣についてですが
ついに、本日到着しました!
うっとりするほど美しい仕上がりで感激したぁ 

その道60年という山岸巨匠からも
ありがたいことに
ずいぶんお褒めの言葉を頂いちゃいました。恥ずかしっ

海外に住んでいらっしゃった先生の元へ
日本を離れて修業をしようと思っていたあの頃が懐かしい。
当時日本にいらっしゃらなかったので
押しかけて海外へ行こうかと思っていたんです(笑)
7年越しの夢と想いがこの羽衣にはギュッと詰まっています。
だから余計、美しく優しくクリアに感じるのかも…。

個展会場ではやはり飾ろうと思います。
部屋にかけてもよし
スカーフとして活用しても本当に綺麗です。
布がいいのでめずらしく自信満々(笑)

嬉しいことに羽衣についてのお問い合わせを
幾つか頂いています。
ご興味を持って下さっている方がいるのは本当に嬉しいこと。
ん~2,3作品は手放そうかな…なんてちょっと考えてます。


__ (4)



次回はカレンダーについてお伝えします。

こちらもいままでになかった「あること」をしています♪