ChieArt Diary

ChieArt Diary

2014年10月

マグダラの引き寄せ

期間中、カナダから来て下さった方がいました。

20年以上カナダに住んでいるという
日本人の方です。

その方のお兄様は
長年、ChieArt作品を
愛してくれている人。

そしてその方々のお母様も
同じく作品が大好きで
何度も会場に
足を運んでくれていた人でした。

親子揃って
会場に来てくれる姿をみては
温かい気持ちに包まれたものです。

実はカナダから日本に戻られたのは
お母様の葬儀のためだったそうです。

後半、認知症になられたというお母様が
苦しむことなく
穏やかで美しい姿で旅立っていったと
安堵の表情で話してくれました。


その最後のお見送りをした後で
兄妹揃って
会場に来てくれたのですが

第一声が

「信じられない!お母さんだ!お母さんがいる!」

入り口で驚愕の様子。

事情を知らない私は???

お話を聞くと
亡くなられたお母様は
生前洗礼を受けていたそうで
その洗礼名が
「マグダラ」だったんだそう。

だから周りからは
「マグダラのマリア」と言われていたようです。

IMG_7852
入口に飾っていたのは作品「マグダラのマリア」

そして、嘘のような話ですが
その娘さんの洗礼名は
ベルナデッタ!だそうで・・・

もちろん今回の
個展のテーマの根底にあったものが
「マグダラのマリア」と
ルルドの泉の
「聖ベルナデッタ」だとは知らないまま
葬儀の後でそのまま
個展会場に来てくれたのです。

「お母さんが喜んでいるね!」
何度もそう言ってくれた言葉が
胸に染みました。

認知症だったという話を
聞いたとき、
正直、信じられませんでした。

というのも
会場で私と話しているときは
まったくその様子は見られなかったんです。

いつもの様子を知っている
ご家族にしてみたら
その状態にあったことこそが
切りとった特別な時間だったようです。


エネルギーに敏感な方で
いつも原画を前にすると
からだが押されたかのように
後方へ倒れては
「すごい、すごい」とおっしゃっていた
その姿は忘れません。

また作品をじっと見ながら
「Chieさんは私たちがここに来て
また戻る光を描いているんだと思うの。
この光のなかに
私たちは還れるのだと思うと
全然怖くない。
むしろ安心します」

そう言ってくれた言葉が
いまでもこころに残っています。


ご家族のみなさんから
「個展に来れたことが
何よりもの母への祝福の見送りになりました」
そう言われたことが
本当にありがたかったです。


今年、マグダラのマリアの
痕跡を辿るかのような旅をしてきたのも
途中で、ルルドの泉に立ち寄ったのも
すべてに意味があることだったんだと
改めて感じます。


IMG_7848
聖ベルナデッタのいた「ルルドの泉」


たくさんの方々の
人生の思い出の一ページのなかに
こんなふうに
ChieArt作品が刻まれているのかと思うと
そういう仕事をさせてもらえていることが
どれほど幸せなことかとつくづく感じます。



魂が決めた今回のこの運命に
恥じない生き方をしないと・・・








≪新刊本のお知らせ≫

小さな本が出来ました。

ainoe_cover_P


Amazonからのご購入は こちら
割引についての詳細は こちら
 
どうぞよろしくお願いします



 

不思議な糸で

先月行われた銀座での個展。
その様子を
これからゆっくり綴っていきますね。

エピソードがたくさんあり過ぎて
どのお話をお伝えしたらいいか・・・笑

P1120555


今年も東京、千葉、埼玉、神奈川は元より
秋田、新潟、石川、福島、岩手、宮城、
三重、静岡、栃木、茨城、長野、兵庫、
大阪府に京都・・・
それに
北海道や鹿児島からも
たくさん来て頂きました。

本当にありがとうございました。

そして実際に会場にいらっしゃらなくても
気持ちで会場に来て下さったみなさまへも
ありがとう!を送ります。

P1120641


全国各地から観に来て下さることは
毎年恒例のようになってきていますが
これはまさしく
みなさんと「想いの循環」が出来てこそ。

有り難い「奇跡」のひとつだと感じています。

P1120569


期間中、私はずっと会場にいるので
日々の流れを
ライブで感じることができるのですが
面白いな~と思うのは
例えば北海道の札幌から
いらっしゃったという方がいる日は
その後に、
同じ札幌だったり釧路だったりと
いずれにしても
北海道から来られる人たちが続くことです。

P1120596


来られる人たちは
知り合い同士でもなく
言葉を交わすこともないのに
本当に不思議。
どこかで呼び合うのかな~?

実際にわかりやすく繋がった日もありました。
あれは期間中
亡き父の誕生日だった日。

朝、お仏壇もどきのコーナーで
いつもの挨拶をしているときに
「いつも傍で見守ってくれることはわかるけれど
今日は特別にわかりやすい何かを残してね」

そのとき、ふっと
(自分が気に入っている作品を
お嫁入りという形で教えるからね)

そんなメッセージを感じながら
会場入りした時のこと。

会場では朝から兵庫県から
観に来てくれている方がいて
その方と話をしている時に
同じく兵庫県から観に来た友人が
会場に入って来たんですね。

ここまではどうってことのない
いつもの連鎖。

が。
不思議はここから続きます。

なんの接点もないこの2人ですが
話をしていくうちに
一本の糸で繋がることに・・・。

1人の神戸在住の方は
昔NZに何年も住んでいらっしゃった方。
私が以前NZへミニ留学をすることを
ブログで知って
ガイドブックに丁寧に付箋を貼って
プレゼントしてくれた方でした。

同じく神戸から来てくれた友人は
まさしくそのNZ留学時代に
出逢った人だったんです!

神戸繋がり&NZ繋がり。

その2人の間にもうひとり
毎年来て下さる兵庫県の
優しいドクターの存在も登場し
世の中狭~い!と
感じた瞬間でした。

ちょっとでも時間がずれていたら
会うこともなかった素敵な繋がり。

父、やるな(笑)

そして、この日は
朝の言葉通り
この後でまたひとつ
作品がお嫁入りしました。

お嫁入りをしたのは
作品「愛のうた」

長年「非売品」として
表に出さなかった作品です。

IMG_7866
右から3番目の作品です。見えづらくてごめんなさいっ



愛情深く
優しいこの作品を選んだのも
なるほど、父らしい気がします。



銀座個展の話は続きます。



全国発売♪♪

新詩画集「愛のエコトバ」
(ナチュラルスピリット)の
全国発売が開始されました!

早速書店に並んでいる写真が
送られてきました♪

嬉しいな。

Attachment-1


__ (10)
紀伊國屋書店渋谷店


私にとって
12冊目となる
今回の本は
産まれるまでに
幾つもの山を
乗り越えただけに
その分、感慨深いものがある
大切な1冊となりました。

__ (9)
丸善ジュンク堂書店 東急百貨店本店


私が作曲した音楽
(昨年出したCD)を背景に
初めての朗読にもチャレンジしています。

絵もエネルギー
音もエネルギー
すべてがエネルギー
声も言霊というくらいなので
明確なエネルギーを
放っていると思います。

私の声は別に綺麗でもないし
読みのプロでもないので
上手くもないし
自慢できるものでは
決してないのですが
でも・・・
伝えたい想いがあって
綴っているメッセージだけに、
自分で読んだ分、
届いて欲しい!と思う気持ちは
込められた、と思っています。

たとえば体調が悪くて
横になっている時間が長い方などには
画集についているこのCDを
活用してもらえたら嬉しいな。


ジュンク堂書店 三宮駅前店
ジュンク堂三宮駅前店


いままでの画集のなかで
この本が一番好き、と書かれた
ファンレターも幾つか頂いています。

ありがとう。

この小さな本のことを
まだ知らない誰かの元へ
「光」となって届きますように。

MARUZEN&ジュンク 梅田店
MARUZEN&ジュンク堂 梅田店



ジュンク堂 難波店
ジュンク堂難波店


今回は医療関係者や
サロンをされている方、
お店に置いて下さるという方や
はたまた、
個人的に何冊か
持っておきたいという殊勝な方へ(笑)

ナチュラルスピリットが
特別割引をしてくださることになりました!

太っ腹~(笑)

これからの季節に
クリスマスギフトとしてもアリです♪

割引についての詳細はこちら⇒

Amazonからのご購入はこちら⇒

この本が、必ず人の役に立つと信じて
アイデアを考えてくださった
出版社のみなさまに感謝です。



ぜひ一度ご覧になってみて下さいね!
(^-^)








サイン会

いまさらながら、ですが(笑)
松坂屋個展の様子をお伝えします。


P1120690


これまで色々な百貨店で個展を行わせて頂いてきましたが
松坂屋さんは、はじめて。

P1120679


P1120676

愛知県の豊田市に伺ったのもはじめて。

そんな「はじめて尽くし」で
果たして来てくれる方はいるのかなぁ?と
思ったのですが
愛知県からだけでなく
群馬や静岡などの
他県や東京からも
集まって下さったみなさまのおかげで
会場は温かい時間に包まれました。



この日は
予定にはなかったミニトークを
急遽することになりました。
(その話を聞いたのはなんと開始30分前!笑)


P1120712


絵を描き始めたきっかけや
大切にしていること、
眺めるアートセラピーなど
ほんの短い時間でしたが
お話させて頂きました。

P1120692


驚いたのは
ずっとずっと昔…それこそ10年くらい前から
「いつか原画を観てみたかった!」
そう思って駆けつけて下さった方々が
意外にいらっしゃったこと。

ChieArtを知ってから
絵を描き始めたと言う方や
絵の先生になられたという方・・・。


P1120719


大きな流れを創りだしている素晴らしいドクターや
セラピストの方とお逢いできたことも
嬉しいご縁でした。

また
「ChieArtに人生を変えてもらったんですよ」
そうはっきりおっしゃった人もいて
そのすべての言葉が
大きな励ましとなり
原動力に繋がっています!

みなさま、本当にありがとうございました!


ひらすら続けていたからこそ
こういう言葉も聞けるんだなぁ・・・
そう感じながら
心を込めてサインを書かせて頂くひととき。


P1120715


同じことを続けることが=美しさとは思いません。

けれど心から心底楽しんで
楽しいから続けてきていることのなかに
「変わらない確固たる何か」が存在していて
それは時に
きらめきとなって
誰かの心に
届くのかもしれない、
そんなことをふと感じています。


これからも
変わりながら変わらずに
続けていきます。


感謝を込めて



 

来年も一緒に♪

ありがたいことに
2週間でカレンダーが完売しました。

ずっと同じことを伝えたくて
描き続けている私の絵を
今年も飾りたい・・といって
お求めになって下さったみなさま
本当にありがとうございました。

IMG_7990


「昨年買えなかったのでずっと待っていました!」
「毎年、楽しみにしています」
「今年も作ってくださってありがとうございました」

備考欄に添えられた
温かいメッセージの数々に励まされました。

なかにはバングラディッシュで
ボランティア活動を続けている方が
慌ただしい一時帰国のなか
「どうしてもカレンダーを持って帰りたい!」と
申し込んでくださって、
「向こうでもこのカレンダーを見て一年がんばります!」
そんな力強いメッセージを寄せてくれました。


絵は、自分の心が
開かないうちは
黙って見守っているだけで
余計なことはいいません。

そして心の窓が開き始めたら
とても饒舌になります。

気づきや勇気、励まし
包みこむやすらぎ
そのすべてを与えてくれます。


一日のうち、ほんの1分でもいいです。
絵を眺める癖をつけて欲しいと思います。

それは自分自身と向き合う
大切な大切な時間だから。

本来の自分から
できるだけ離れないようにするために。

それが、私が長年提唱し続けている
「眺めるアートセラピー」なのです。




__ (24)

私も毎日見ているデシよ~


次回は松坂屋個展の話です♪




 

日本医療催眠学会

これまでChieArt作品は
3つの医学系学会で
発表して頂いています。

1つ目は
「ChieArtセラピーによる穿刺痛緩和の試み」
というもの。

(福岡 岡部病院) http://www.okabe-hospital.or.jp/

末期腎不全患者さんに
血液透析療法を行う際、
血管穿刺は痛みが伴うことから
少しでも痛みが
軽減するようにとの期待を込めて
私の作品を眺めてもらい
実際に穿刺痛がどう変化するか
データをとる試みをして下さったのです。

ちなみに専門家でないと
わからないワードですが
穿刺痛の程度は
Visual Analog Scale(略VAS)
というのだそうですが
実験の結果
そのVAS値が確かに低下していたようで
これは脳がリラックスした状態となって
痛みが緩和されたのではないか
ということだったようです。

また私の作品を眺めるセラピー実験中
不快な感情を示した患者さんが
ひとりもいなかったことや
何よりもまず
副作用がないことから
どのような患者さんにも
応用できる、ということを
強くおっしゃってくださったことを覚えています。

余談ですがこちらの病院では
「ChieArtデザインの
看護師ユニフォーム」を使って下さっているのですが
実はChieArt看護師服もあるんです(笑)
※ご興味がある方は こちら


2つ目は「療養病棟におけるアートセラピー」の効果

(群馬 堀江病院)http://www.horie.or.jp/

この病院は認知症の患者さんが
絵を鑑賞するだけで
心身の健康維持に効果があるのかどうかを
検証する研究を試みて下さいました。

実験開始1週間後。
抑うつ度が有意に下がっていた結果が出たことで
絵をただ鑑賞するだけでも
脳は活性化され
精神的に変化が見られたのだろうと
発表して下さいました。

そして今回は
(愛知 石原クリニック)の石原Dr。
http://www.totalcomfort.jp/pc/

(セラピールームのHP)
http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/

循環器・内科の先生ですが
代替療法として
ヒプノセラピー(催眠療法)もされているのです!

IMG_8001


「第2回日本医療催眠学会」で
催眠を誘導するときに
私の作品を活用して下さっている
という話をして下さったようです。

イベントと重なり、どうしても
学会に行けない話を知った先生が
特別にデモンストレーションをして下さったので
実は内容は知っています~(笑)

石原クリニックにいくと
私の昔の作品が飾られていました。

IMG_7998


聞けば10年くらい前に
ご購入してくださったようですが
幾つもの百貨店に行き
ようやく手にすることができたんですよ、と。
(ありがたいです~っっ)

医療と芸術という
それぞれ違う分野だからこそ
協力しあえば
大きな力となって
患者さんにとって
絶対にいい方向に導けるはず。
そう信じています。

だって
それを教えてくれたのは
ChieArt作品を愛してくれている
みなさんだから。(^-^)


意識に気づきをもたらし
それぞれが本来持っている
輝きを導きだし
ここに今いる意味を
思い出せるくらいの「純度の高い作品」を
これからも「本気」で制作し続けたいと思います。

私は不器用なので
本気しか武器がない。

そして本気だけが
人の心を動かすものだと信じているから。







山中湖アートワーク

色濃い時間を過ごしているうちに
たまりにたまってしまったブログ。

時間が逆行する形になりますが
少しずつお伝えしていきますね。

まずは昨日山中湖で行われた
平和イベント「地球フェスタ」の
アートワークの様子から。

__ (23)


外務省の国際協力60周年記念事業でもあった
このイベントには
何ヶ国かの大使も
出席されてたみたいで
他にも色々な催し物がありました♪


P1120751
デモンストレーション



お天気が心配でしたが
幻想的な姿を見せてくれた富士山♪

__ (25)

制作にかかった時間は1時間半。
凄い集中力です!


22



終了後は舞台の上でお披露目♪
拍手をもらって
少し照れくさそうな子供たち。


P1120783


イベント会場では
ChieArtに憧れて絵を習い始めたという方や
目指しています、と言ってくれた
かわいい絵描きさんから
声を掛けられて
それなりにでも続けて来てよかったな…と
思った一日でした。

イベント関係者のみなさま
サポートをして下さったMさん、Nさん
大変お世話になりました。


帰り道は雨も降っていないのに
龍神のような虹が♪


P1120813



P1120803

優しい時間をありがとうございました(^-^)



★追伸★

前回カレンダーの在庫が50個ほどと伝えましたが
なんと、すでに20個を切っているとの連絡がありました!
chie_ca


前もお伝えしましたが
いつも販売終了直後に
必ず再販のお問合わせを
たくさん頂きます。

大変ありがたいことですが
再販予定はありませんので
気になられている方がいましたら
こちらよりお申し込み下さい。

カレンダー申し込みはこちら 
完売しました。ありがとうございました。


※上記お問合わせについては
毎年大変心苦しく思っているので
今年はしつこく明記させて頂きました

しつこく何度もごめんなさいっ


 

3連休

更新が滞ってすみません

・・・という言い方も
まるで更新を
楽しみにしてくれている人がいるかのようで
書きながら(むむむぅ~??)ですが(笑)

松坂屋の個展は
優しい方々との出逢いに
感謝をしながら
無事に終えることができました♪
(後日、UPしますね)

DSC04261 (1)


12日は山中湖で行われる
平和イベント「地球フェスタ」で
アートワークを行ってきます!

≪アートワーク詳細 HP≫ 

http://www.chidama.net/contents/chie.html
 
FUJISAN地球フェスタHP

http://chidama.net/festa_top.html



銀座個展から
ノンストップで走っていますが
来週からは
少しだけペースを落とせるはずなので
個展の様子や
新刊本のことなどなど・・・
徐々にお伝えしていきます♪


そして、その前に
お知らせを。。

壁掛けカレンダーのことですが
な、な、なんと!!
もう在庫が50個を切っているそうです!!!

(*0)!! うっそぉ~?びっくり!

カレンダーは
現在HPでの販売しか行っていません。

また毎年完売後になると
なぜか必ず「終了直後」から
再販のリクエストを頂きます

とてもとてもありがたいのですが
本当に申し訳ないことに
再販の予定はないのです 

なので、もし気になっている方、
ギフトにと考えて下さっている方が
いらっしゃいましたら
お申し込みは こちら になりますので
よろしければご覧くださいね。

よろしくお願いします


__ (23)
カレンダー売りの少女デシよ♪


この3連休、
台風がやや心配ですが
晴れであっても
雨であっても
それぞれにとって
心の休日をゆっくりと
楽しめる時間でありますように。

来週からブログ更新をしていきます~