ChieArt Diary

ChieArt Diary

2015年01月

誕生

ここのところずっと
アトリエに籠って
ひたすら描き続けていて
少しだけ
極限状態…のようになっていました。


ランナーズハイとでもいうのかな?
肉体的疲労が
限界近くまでくると

逆に精神が研ぎ澄まされて
気分が妙に高揚して
もっと!もっと!と
永遠にそのまま
作業を続けたくなる。

でも。

いったん手を止めると
そこにはもう
立っていられない自分がいて
相当、体力を
消耗させていたことに気づく。


例え方はおかしいけれど
重力のあるところへ
戻ってくる感じがする。


床に大の字になって
天井を眺めながら
これが現実なんだな…と感じたりして。


P1000656


絵を生むことは
出産と似ている。

出産直後は
「もう次は絶対に無理!」
「もう限界です!」
毎回本気で思う。

それなのに
舌の根も乾かぬうちに
新しい光が見たくて
またすぐに作業に
とりかかりたくなってしまう。

それも毎度のこと。



せっかく生まれたのに
どうしても残せなかった作品もある。

そういう子ほど
存在力は大きくて
後の作品誕生の時には
ずいぶんと力を貸してくれているのがわかる。


色々な助けを借りながら
絵は誕生してくれている。


だから
妥協できない。

本当にいいものを残したい。


肉体との折り合いをつけながら
魂に共鳴する光を
生みだしていければいいな。


IMG_8947
先日誕生してくれた新作。

照明もスポットもフラッシュも
何もつけていない自然光だけの状態。

私には作品が光っているように見えてしまうのだけれど
それは同時に
「それでいいんだよ」と
作品から言われたサインのような気がして
ちょっぴり嬉しい。


追伸

いままで誕生したことがない
不思議な光も誕生しました。

今年の原画展を楽しみにしていて下さいね!


自分ではわからないこと

ハワイ旅、最終編。


IMG_8817



IMG_8811


オアフといえば
ダイヤモンドヘッド登頂も
目玉の一つだけれど
登ったことはナシ。

正直に言えば
「登りたい」と思ったことが
一度もなかった。

いつもハワイにいるときは
のんびり海を眺めたり
ショッピングを楽しんだり…
そんなことくらい。

からだを休めることを
目的できているし
ただでさえ体力がないのに
わざわざ「動」の要素を入れるなんて
休まらないし楽しくないじゃない!

と何の迷いもなく
はっきりそう言えたのは

本当に体力がなかったからだと思う。

いつもより少しだけからだを動かしたことで
肺炎になったり、寝込んだり
そういう経験が何度も何度もあったから。

けれど今回は登ろう、と決めた。

体調があまり芳しくなかった私を気遣って
「無理しないでよ、別に登らなくてもいいんだから」

・・・とまで言われても
登ろうと思ったのは

実はこの10日前に
もっと気合いを入れて
登らないと無理であろう、
奈良の三輪山に登ることができたから!
やった~

恥ずかしいけれど
昨年の暮れに
ご挨拶をしに入山させて頂いた
ご神体の三輪山が
生まれて初めての山登り
…のような気がする

息子は本当は
めちゃくちゃアクティヴ人間で
自然大好き派なのに
せっかくハワイに来ても
私の体を気遣って
「海で少しでも泳げばそれで十分!」と
いつも言っていたから
(うそでしょう~)
今回は恩返しをしたいと思ったわけです。

というわけで
いざ、ダイヤモンドヘッドへ~。

靴がスニーカーではなかったので
ちょっと登りが辛かったけれど
自分のペースで行けたので
なんとか今回もクリア♪ 


IMG_8818


IMG_8823


その日、夜ご飯を食べていたときに
息子からぽろっとこんなことを言われてドキッ。

「こんなに元気に動きまわれるようになったなんて
信じられない!本当に嬉しい!
元気かと思うと
すぐに寝込んでしまう姿しか
見て来なかったから信じられない」と。


これは家族ならではの言葉。

それだけずっと
心配をさせてしまっていたんだな…と
胸に来ました。

ごめんね。

でも、もう大丈夫!

どういうわけか
ここのところ急に
体力がついてきたように思うので
(理由はわからないけど?)
きっとこれからは大丈夫♪


気がつけば
いつもそっと
見ていてくれている人がいたことの
有り難さを感じた時間でした。


こんな母を
見守り続けてくれてありがとう。


兄


親としてせめて巣立った息子には
心配させないようにしなくちゃね。



この元気をキープしよう。





ハワイあるある

個人的ハワイあるある

陽射しも風もあまりに気持ちがよいので
ついプロテクトを忘れてそのまま外出。

帽子にサングラスはマストだった・・・と
後日、見事にシミったれった肌を眺めては後悔の日々。


P1000869

なぜ学ばないんだ!


「ここはハワイだからね~」
「日本に帰ったらもう食べれないしね~」と
誰も聞いてはいないのに
一応、言い訳を口にしては
デザートのはしご

IMG_8844

P1000870

アサイ―ボールの食べ比べをしたところで
アサイ―は、アサイ―だから!

IMG_8883


ブッフェ料理で美味しいと感じたことは
これまで一度もない。
なのに「ロブスターの食べ放題」に釣られ
ブッフェを選択。


IMG_8808

ロブスター8匹分食して
店員にドン引きされる。

そして「やっぱりブッフェは美味しくないな…」と
つぶやいてしまう自分に
自分自身がドン引き。

だったら食べるなっての!


最後は夜空にオーブ編。


波の音を聴きながら
リラックス中
なんとなく気配を感じて
シャッターを押すと・・・

はい、こんちわ♪
光のオーブたち。

P1000938


P1000937


P1000926

みんな、集まりすぎだよ。


以上、ハワイあったあったの巻でした。



ロアが伝えたこと

滞在中、とても素敵な女性に会うことが出来たので
今日はそのお話を。

お互いの本を持って
自撮りしたはいいけれど
ピンボケでした~(ごめんなさいっ!)

IMG_8841

アニマルコミュニケータ―のアネラさんです。

__ (23)
「犬の気持ち、通訳します」(東邦出版)
おススメします~!!!

ご覧いただくと
人柄の良さがおわかりになると思いますが
とってもチャーミングな方で
会ってすぐに好きになりました♪

なんとなく生き方が似ている~っと
(不器用なところやバツ一なことも!)
お互いに照れ笑いしつつ
大切にしようとしているものは
きっと同じだと感じ、嬉しくなりました。


アニマルコミュニケ―タ―とは
読んで字のごとく
「動物と対話できる人」のこと。
(いわば動物語の通訳さん)

共通の知り合いがいたこともあり
オフィスへお邪魔させて頂いたのです。

早速ロアからのメッセージを
聞いてみると…

意外にも最初に言われた言葉は

「お母さんってボール遊びをしているときに時々拗ねちゃうの」

でした 


えーと・・・
拗ねるって・・・

「拗ねてどこかに行っちゃうことがあるの。
またボール遊びするのだけど、
それだとテンション下がっちゃうから拗ねないで」

でした 

ロア、なんだそりゃ?と言いたいところだけれど

な~るほど!あれか~
ピンと来た!

ロアは我が家に来るまで
悪徳ブリ―ダのもとで
ずっと狭いゲージの中に入れられっぱなしだったので
社会経験や遊びを知らずに生きていた子でした。
なので、いまボール遊びの楽しさを
満喫中なのですが、
時々、楽しそうに時間をかけてボールをはぐはぐしているので
ひとり遊びが出来るようになってきたみたいだから
邪魔しないようにしよう~とおもんばかって
あえて、そっとその場を離れることがあったんです。

とはいってもすぐに戻って開始するのですが
確かにテンションがやや下がっていたな~と。

アネラさん、すごいです。
気をつけよう~。

そしてお散歩については
「私、自分でもお散歩が下手なことわかってる。
他の犬たちに興味があるけど、どうしていいかわからないの」

それで、じーっと見続けていたりするので
吠えられることも多々。
(犬社会ではガンを飛ばしている状態なのであたり前 笑)

だから安心できる家にすぐ帰りたくなってしまう、とのこと。

なるほど。


そして、これまでのことを伝えてくれた時
「私、年だから・・転々としたの」
そう言ったんです。

確かにレスキューされてから
私と出逢うまで半年かかっているので
その間、ボランティアの一時預かりさんのところでも
幾つか変わったのかもしれません。

なかなか引きとり手が見つからなかったこと
そして、転々と場所が移ったことを
「仕方ないの、私、年だから・・・」と表現したロア。

とても頭がいい子なので
たぶん何気ない会話を聞いてそう感じたんでしょう。

年、だなんて!な~に言っているの!
私も負けずに相当な年増女よ~!!!
これからも一緒に熟女っちゃいましょう~ 

また「お母さんは頑張りすぎて時々心配なの。
ロアは家が大好きだからお仕事で遅くなっても大丈夫。
ロアのために無理をしたり、
何かをキャンセルしたりはしないで欲しい」と。

これにはドキ!

先月行ったモロッコ旅のときに
お預け先がなかなか見つからなかったので
(ロアはペットホテルはNGなので
ゲージにいれないで預かってくれるところを探すのは一苦労なんです)
一時は旅自体をキャンセルをしようかと悩んだことを
ロアはちゃんと知っていたと言う・・・!

びっくり。

ペットホテルのゲージでのお泊りについては
「ずっと周りがみえない狭いゲージのなかにいれられていたから
怖くて思い出して…お腹が痛くなっちゃうの」

とのことだったので、やはり今後も
お預けはホテルなし、で行こうと思います。

初めて我が家に来たとき
またここからも移されるのかな…と
思っていたそう。

でも「これは全部ロアのものだからね」
そう言って渡された毛布やソファ
生まれて初めて自分だけのものをもらった・・・
それが嬉しくて
あの瞬間から「この人に心を開こう!」と決めたの。
そう言ったロアの言葉に
アネラさんも私も思わず涙が出ました。


ペットを飼われているみなさん、
動物たちは驚くほど
私たちの言葉を理解しています。

私はロアが家に来てくれた日から
毎日何十回となく
「愛しているよ~」
「なんて可愛いの!!」
「お母さんのところに来てくれて本当にありがとう!」
「ずっとずっと一緒だからね」
そういう言葉たちを贈り続けています。

P1000779
ハワイ出発の朝の様子

ロアにありがとう。

ロアをサポートしてくれている
先住犬キャラにありがとう。

アネラさんにありがとう!
そして繋いでくれたE氏へありがとう!

頂いたメッセージは大切に
これから活かしていきます。



Hawaii

いまさらですが
数日前にHawaiiから戻ってきました。

P1000962


FBで写真UPはしていたものの
ブログを書く時間がなかったので
今日は滞在中のことを
もうちょっと詳しく書きますね。

今回の旅は
「日常の延長線上にある時間」
そんな感じで
家族とゆっくり過ごしてきました。

初めてHawaiiを訪れたのは
30年くらい前のこと。

初めは「つき合い」で行ったので
正直、ピンと来るものもなく
魅力がわからないまま。

それでもなんとなく
毎年つき合いで
何度も訪れているうちに
気がつけば、
第2の故郷のような場所になった感じがします。

いまは亡き母と
よくご飯を食べたお店や
何かと通ったスーパー、
幼い息子がよく遊んだ場所…
そういう「特別な日常のかけら」が
ここにはたくさん残されていて
その思い出たちが
体中に、そして心の芯まで
染み込んでいるから
特に何をしなくても嬉しくて
ここにいると
あの頃過ごした
かけがえのない時間の
ゆりかごのなかに
抱かれているような気になるのでしょうね。


IMG_8800


今回はとてもスペシャルな体験をしましたので
その話はまた次回!

キーワードは「ロア」です♪


心を繋いで

2カ月後の
3月11日は
私たちにとって
忘れることができない
東日本大震災が起きた日。

あの時、被災地で
死と直面しながら
命と向き合い
生きることを考え
何が出来るかを
自問自答しながら
一生懸命に
前に進んでいたなかに
言の葉アーティストの
渡辺祥子さんがいます。

昨年秋に出版された
詩画集「愛のエコトバ」で
初の読み聞かせの録音をしたのですが
その際に、
宮城在住のこの祥子さんに
読みのチェックを
お願いしたんです。

__ (24)
わずか1時間のレッスンでしたが大事なことを教わりました!



ainoe_cover_P
寝たきりの方でも耳からメッセージが届くといいなという想いで
収録に挑めたのも、心を届ける大切さを教わったからこそ。


言葉を使って人の心を動かす人になりたい、
という彼女の想いは
今回出版された
「3.11からのことづて」(TOブックス)
のなかで綴られた
言葉の端はしからも
生きた声として伝わってきます!

是非読んでみて下さいね!


__ (23)


本の中に震災から1年後に
ある避難所の責任者が
支援者に送った言葉が綴られていました。


「何が必要ですか?」との問いに
「ものではなく人を…」と言ったけれど
いまは「心を」と言いたい。


この「心が必要…」という現場の声を
私たちひとりひとりが
どう受けとめていくのか、だと思います。


風化させてはならないもの、というよりも
風化できるわけもないことだったから

これからも私は私なりに
小さな支援を続けていきたいと思っています。

よく「私は何もできないから…」と
申し訳なさそうに言う方がいるのですが
私も同じです。
あの震災の年に
荒野のように
何もなくなった現場に立ち
自分の無力さを
つくづく痛感しました。

画家なんてこんなとき
何も役に立つことができない・・・と。

それでも小さな光を
渡しに行きたいと思って
小さな小さな自分が出来る
ささやかな想いを
そっと運んでいます。

毎年、いつもたいしたことが
できなくてごめんね…という気持ちです。

それでも顔を見たくてしつこく行ってしまう…(笑)

P1120428


何をしたらいいかわからないと思っている人は
たとえば旅をして
そこの土地のものを
購入するのだって
役に立つひとつではないでしょうか?

あなたのそばにいるよ、という想い、
「心」を寄り添わすということが
必ず励みになるような気がします。


想いを行動にかえていきたいですね。


初夢

みなさん、今年の初夢を
まだ覚えていますか?

私の初夢は
3つのストーリーがあわさった
不思議な夢でした。


①亡き父が無精ひげで登場。
(父の無精ひげ姿って印象がないのですが)

舞台は引っ越し後の家で
お留守番中という設定。
鍵をかけていたつもりが
新居先を知らないはずの父が
する~っと当たり前に入ってきて
私の傍に来て
ある言葉を残してくれたんです。
(そのメッセージ意味は
今年ゆっくり解釈していこうかな)

②舞台変わって、海外へ。
そこは透き通った海。
世界中の人が集まっている感じ。
私は耳が中耳炎になりそうだから
泳げない、と思ったのですが
(実際に中耳炎になりかけていた状態だったので
そういう思考になったんだと思います)
イルカの大群が私の周りに集まって
遊びに誘ってくれたので
「これで耳が聴こえなくなっても仕方ないっ!
イルカの誘いは断れないっ」と
腹をくくって海に入って
彼らと泳いでいるうちに
イルカの誘導で
ある大切な秘密の場所に
連れて行かれると言う夢。

IMG_7188
連れていったど~

何か大事な任務が
あったような気がするのですが
それを行えたのかどうかは
忘れてしまいました~(汗)


③舞台変わって
昔、育った思い出の家に1人。
今回もお留守番。
そこへ友人が遊びに来てくれて
亡きお母さんのことを
伝えているような夢。
(実際にその方のお母様は亡くなられたのです)

陰りゆく部屋のなか
美しい空の様子は印象に残りました。

__ (25)



記憶の半分は
もう消えてしまっているので
いま書きながらも
(だから何…?)という感じで
わけわからないのですが(笑)

初夢で父に逢えたことは
ありがたかったです。
亡き母も夢の中で
その気配を残してくれていたので
両親に見守られている
感じがしました。

イルカたちにも大感謝の
今年の始まり。 

IMG_7198


この夢が今年をどう予言しているのか
楽しみです。(^-^)




風にのって

旅に出て来ます。

昨年海外では
カンボジア旅の後
フランス一周
北アフリカのモロッコ一周と
ぐるっと周る旅が
立て続けにできたことは
本当にラッキーでした。

また国内でも
仕事、プライベートを合わせると
鹿児島、広島、宮城の被災地、
沖縄、山梨、静岡、愛知、
神戸、天橋立、淡路島
年末の奈良の三輪山入山…と
あちこちに行くことができた気がします。

私的には旅が多い1年でした。


そして今回の旅は「目的」をおいて
ただ楽しんで来ようと思います。


探求や冒険ではなく
ゆっくりゆっくり
日常を楽しもうと思います。

引き出しの中に
宝物が増えてきて
アトリエに籠って
何かを生み出したい気持ちが
むくむくと湧き始めているので
帰国後は少し絵に集中できるといいな。


__ (27)


画家になって
何十年と経つのに
どれだけ描いても
飽きることがないのは
不思議なことです。


たとえ現状の作品に
満足したとしても
それは一瞬の気持ち。

まだその先が描ける…
そんなふうに感じて
さらに、もっと、という想いに
駆られてしまう。

魂の中心に絶対的に
突き動かす何かがあって
それは
自分に期待している自分がいる、ということ。
自分を信じている自分がいる、ということ。

そんなふうに思えることは
とても幸せなことだと思います。


IMG_8613

また旅から受け取れたものを
何らかの形で
残していけることも
幸せなことだと思います。


旅の様子はFBの方でUPできたらしますね~


あ。留守中に一度
ブログ更新はしますね。

不思議な夢をお正月に見たので
忘れないうちに書きとめてお伝えします。


それでは行ってきます♪

キラキラのエネルギー送りますね
(^▽^)


新年おめでとうございます

あけましておめでとうございます♪

みなさまの2015年が
健やかでありますように
心からお祈り申し上げます。

さて今年の私のはじまりは
あろうことか
年末から
ちょっと体調を崩してしまって
毎年家族恒例になっている
新年カウントダウンのご挨拶も
行うことができずに
布団のなかでZZZ・・・でした(涙)

2014年は
これまでにないほどに
体調がすこぶるよかったので
いい気になって
ギリギリまで
詰め込みすぎた感がありました。

とても充実していて
こころがワクワク喜んでいたので
それはそれでよかったのですが
自分の容量をはるかに超えていた
行動量だった気も若干あり(>_<)

体調を整えるべく
もう少しだけ
静養に努めようと思います。


と、いうのも…。

あとわずかで
また海外に出発なので
この耳の不調は
早急にどうにかしないと
気圧が怖い~っ(汗)

そんなこんなの
ちょっぴり情けないスタートですが
私の今年の目標は…

自分が本当に
心(潜在意識で)
感じていることを

もっと汲み取ってあげられる
自分になりたいと思っています。


できるだけ顕在意識に
惑わされないように
気をつけながら(笑)

本当は何を想い
誰に会いたくて
どちらを選択したがっているのか…
心と対話する意識を
もっと深く
もっとクリアに
していきたいと思います。

まだ誕生できていない作品が
きっと順番待ちを
しているはずだから
制作に集中する時間も
増やしたいな。


もちろんロアとの生活も大切にしながら。


IMG_1758


みなさまの一年が
豊かなものでありますように。


今年もChieArtを
どうぞよろしくお願いします!


※ファンレターもありがとうございました!
順番に返事をしていきますので
もう少々お待ち下さいね。
みなさまの気持ちが
何よりもの励みになっています。
いつも応援をありがとうございます 
(^-^)