ChieArt Diary

ChieArt Diary

2015年02月

ギリシャ旅①

どこを撮っても絵になる
サントリーニ島 イアの街並み。

IMG_9720

2度目の訪問となったギリシャ。

今回は例のリベンジの
サントリーニ島だけでなく(笑)
アテネ、コス島も寄ることができたので
すでに薄れゆく細~い記憶をたどりつつ
まずはアテネの様子から紹介します。

アテネはみなさんご存知の
パルテノン神殿やゼウス神殿といった
紀元前の聖域が残されているので
古代と現代が融合されている街、
といった感じがしました。

IMG_9296

P2150181

P2150178
紀元前6世紀に建造されたギリシャ最古の劇場 「ディオニソスの劇場」

丘の上に広がるアクロポリスは
「上の都市」を意味するんだそうです。

この古代の聖域は
王様の権力を示すために
造られたものではなく
民主制を達成した栄光の象徴として
神様に捧げたものなのだとか。

たとえ王であっても
大いなる神のもとでは
小さな存在だったのでしょう。

P2150186


パルテノン神殿は
高度な数学的設計を元に
柱の太さや
角度などが微妙に調整されていて
眺めるときの
視覚作用がちゃんと計算されているのです!
すごい~

IMG_9307

幾つか博物館にも寄ったのですが
群像彫刻をみても
細かい幾何学模様をみても
文明がどれほど高度であったかわかりました。

彼らが残してくれた様々なものは
文化や芸術のお手本でもあり
まさに原点だと痛感しました。



そしてブログを読んで下さっている方々は
すでにご存知の
からだを動かすことが大の苦手!
運動が大嫌い!!!
な、私ですが(笑)
集合時間に取り残されそうになって
オリンピックスタジアムのトラックを
猛ダッシュするという
なんだかなぁ~な経験をしました(汗)

IMG_9287

まさかここを走ることになるとは・・・

IMG_9282
表彰台一位の上に立つのは嘘でも気持ちいい~♪

P2150156


以前、ギリシャに行ったときも
実は古代オリンピック発祥の地である
オリンピアで
少し走ったのです。

なぜか、スタジアムで走ることになるという・・

いまのこの運動嫌いは
実はかつて
散々走り続けてきたからかも~?なんてね(笑)


ところでアテネでは
「えっ~!!!!」と思う
驚きの出来事があったので

次回お伝えしますね。



「おまけ」

おかえりなさい~♪

このロアの笑顔に、ホッ。

IMG_9692

「お兄ちゃんと仲良くしていたよ~♪」

ロアの面倒を見るために
忙しいのをやりくりして
家に戻って来てくれていた
息子にも感謝を。

おかげで安心して
旅ができました。

ありがとう。


ギリシャより帰国

ただいま~

ギリシャから帰国しました。

IMG_9414


今回はサントリーニ島でも
ダウンすることなく
ただただ毎日が楽しくて
大きな力を頂いて戻って来れました。

IMG_9510


それもこれも
魂友である今回の旅メンバーに
支えられてこそ。

本当に感謝です。

IMG_9640


そして誘って下さった美しき女神の宮崎ますみさんにありがとうを。

また最後まで迷っていた私が
ぽんとそこへいけるように
そっと環境を整えてくれた雅ちゃんに心からの感謝を。


なぜこの旅に繋がったのかを
最初にお伝えしますね。

ちょうど1年前に
エピダウロス遺跡を訪れたますみさんが
医神アスクルピオスの啓示を受けたことから
始まったのです。
そのときに受けとった言葉が
「真の癒しに携わっている仲間をここに連れて来なさい」
だったそう。

紀元前4~5世紀に
エピダウロス遺跡では
古代神殿医療が行われていて
それは舞台、歌
夢を紐解くことなど(いまでいう夢分析のようなものなのかな?)
芸術の力を使いながら病気を治していたのだそうです。

色々ある今だからこそ
古代神殿医療なんて古いとか
現代医療がどうとか
ジャッジしていくものではなく

互いのいいところを融合して
本当の意味で
「人に生きる力を与えるもの」を築いていかないと。

そう感じたメンバーたちが
これからの未来に誓いと祈りを捧げるために
ギリシャへ向かった一面もあるんです。

IMG_9383
ヒプノセラピストの大ベテラン ますみさん&あきちゃんと

もちろん楽しむために行った旅ではありますが。

天国のようなコス島のアスクレピオン
神殿医療の場で、
魂友が輪になって
静かに祈りを捧げた時間は圧巻でした!

IMG_9368
入った瞬間に光に包まれました。


どの方も敏感な方々ばかりだったので
何も言わなくても
輪の中央から光の柱が立った様子などを
感じとっていたようです。

いつものことではありますが
今回もたくさんの不思議がありました。

特に今回はメンバーが濃いからなおさら(笑)

東北大学の教授で
音楽音響医学分野の博士
市江先生こと雅ちゃんを始め
癒しに携わる仕事をしている
スペシャリストたちの
究極のプロ集団だったので
安心して身も心も任せられた感じがします~

本当にみんな、ありがとうね~

IMG_9501
スーパーセラピスト集団~

IMG_9309
臨床心理士の大御所の福ちゃん&
音叉療法士の大御所マイアさんと


IMG_9630



こんなに学びの多かった旅は
かつてなかった。

この年齢になっても
まだ学べるものがあるという有り難さを感じています。

私は私を全然あきらめていないんだな、きっと(笑)

IMG_9357


支離滅裂になっちゃったけど
とにかくすごーいギフトを頂いてきました、という
興奮が伝わるといいな。

静粛ながらも
笑いに始まり笑いに終わった旅。

P2180408
何せこんな顔ばかりだもん・・・苦笑


その豊かな光の時間については
これからゆっくりと綴っていきますね。


IMG_9601

余談

普段ひとり旅~2人旅ばかりだったので
大人数の集団行動は大丈夫かな?と
当初は心配だったけれど
予想外の楽しさを発見できたのも
素敵な方々と一緒に過ごせたからこそ。

これもきっと神様の計らいなのだと思っています。


ひとりひとりの放つ色は
見事に完璧で美しく輝いていました。

「いのち」の色彩を感じた時間。



2度目の正直

3度目の・・・ではなくて
2度目の正直にしたい場所。

再びサントリーニ島へいってきます。

このブログをずっと前から
ご覧に頂いている方は
ピンと来たかもしれませんが、
そう、
あのめっちゃ具合が悪くなって
倒れた場所に
リベンジしに行くことになりました(笑)

ムンクの叫びの世界に
入り込んだようなあの経験は
もう今回はナシよ~ということでお願いします。

…って誰にいってる?笑

ドクターたちもご一緒だから
万が一何かあっても
大丈夫かな~なんて甘い考えも。
へへへ。

そう、今回は私にとっては
とてもめずらしく
たくさんの方とご一緒の旅。

ここの場所に
特に魂のご縁がある方々だと思うので
どんな旅になるのか、とても楽しみです。

__ (23)

有り難く声をかけてくださったのは
宮崎ますみさん。

まさにその美しさは女神さま!
ヒプノセラピーでも大活躍をされていますよね。

「ギリシャはChieさんもご縁がある方だと思うので…」と。

ドキっ。さすがです!
私の場合は苦い思い出でしたが・・・(笑)


今度こそしっかり感じとって来ようと思います。

そして、心地よい光を感じたら
みなさんにも贈りますね。

私の中のもうひとつの扉が
開くような気がしています。


それが何かはまだわからないけれど…。


それでは行っています (^-^)


夢のメッセージ

立春の朝
まさしく誕生日に見た夢が
印象的なものだったので
忘れないうちに書こうと思います。

インパクトがとても強い夢でした。

舞台は、また海。

美しい海に
気持ちよく体を泳がせていると
神々しい存在から
突然メッセージが!

それは
「海が荒れることを周りに伝えなさい」というもの。

取り急ぎ、海に入っている周辺の人たちには、
「これから大波が来るからここに避難して!」と
大声で呼びかけたものの
そこには
少し朽ちかけた木の杭のようなものが
一本あるだけだったので
全員がそれにしがみつくと
すぐに倒れてしまいそうな状況。

どうしよう…。

呼びかけたはいいけれど
これではこの杭は簡単に折れてしまう。

私には知恵もないし、時間ももう迫ってきている。

ひとり焦っていると
周りの人々が
「ここをこうしたらいいのでは?」と
知恵を出し合い
協力して動き始めた様子。

我先に!と、
うばい合わない人たちに感動をして
胸がいっぱいになって
きっとここにいる人たちは大丈夫だと確信した瞬間

大波が来るんです。

で。

私は、どうしてだかわからないけれど
その杭にはしがみつかないで
逆にそこから離れて
波の方に自ら入っていっているんです。

なぜか全然怖くないんですね。
(本当はめちゃくちゃ波恐怖症なのに)

海は荒れているはずなのに
それ以上に
どこまでも透き通る美しさに
意識を引っ張られるような感じで
その大波の衝撃を利用して
ひとりで
どんどん深いところまで潜っていくんですね。

すると

海底には
な、なんと!
聖人のような方がいたんです!

キリスト様?
お釈迦様?
金色の衣をまとっていらっしゃる。

何千年も大昔からずっと
海底の底の底に
静かに忘れ去られているようで

これは助けなきゃ…と思って
手を伸ばすと、
私の手をぎゅっと握ってくれたので
そのまま暗い海底から
光のある海の上の方へ
聖人を連れていく…という夢。

聖人を助けるって…
いくら夢だとは言え
どれだけ「自分ヒーロー」なんだ!って
突っ込みをいれたくなりますが(苦笑)


何千年も人知れずに
眠り続けていた金色の聖人を
地上に連れ出す夢って
何のメッセージだろう?・・・と。

それもお誕生日の朝の夢だったので
目覚めたときに妙にドキドキしていました。


自分の霊性と手を繋げたということなのかな?


聖人の手の感触は
はっきり覚えています。

手がしわしわしてた。
おじいちゃまっぽかった。


でもあの神々しさは凄かった。。。


IMG_9077

たとえ荒れようが
海はずっと
透明感あふれる美しいものであったことが
嬉しかったな。

そしてみんなが協力しあう姿も
とてもとても美しくて
人間ってやっぱり凄いな、と
そんなふうに思いながら
目覚められたことは幸せでした。

そんなこんなの、不思議な夢。



日本の海底に
まだ知られていないとてつもない資源が
眠っているというサインだったら嬉しいな♪






ありがとう

ありがとう。

2月4日、春分の日とはいえ
大雪が舞い降りる早朝に
生まれ落ちた私。

雪を眺めながら
名前を「ゆき」にしようと
当初は思いついたそうですが
目の前でふわっと消えてしまう雪をみて
その名前をつけるのをやめたそうです。

そして
代わりに「千絵」となりました。

まさに千枚の絵。
デキ過ぎ。

決して器用な方ではないけれど
せめて、父母、そして見守って下さっている
すべてのご先祖様に
恥じない生き方を
していこうと思います。


きっと正直がいちばん私らしい。


これからも
自分の感覚を信頼して
納得できるものを
丁寧に選びとっていこうと思います。

その先に何があるかはわからないけれど

自分の道だから
自分の人生は
自分で責任をとっていかなくちゃね。

たとえば
私は私を幸せにしていく責任とか。



それぞれが考えてくださったサプライズ。
気持ちがとっても嬉しかったです。

Birth2
IMG_9048
Birth1
Birth3
__ (23)
__ (25)

たくさんのメッセージもありがとうございました。

この恩返しは作品でしていきたいと思います!




追伸

ところで、誕生日の日に
とんでもない夢をみました!

いい夢なのか
悪い夢なのかわからないけれど
かなりメッセージ性があるものだったので
忘れないうちに
次回、お伝えしますね。



別世界が広がる

いつも見慣れた景色。

少しだけ角度を変えて
眺めてみると
驚くほどの別世界が
そこに現われて、わくわくする。

子供の頃に
遊びでした「股のぞき」

上半身を前に倒して
両股の間から
逆さまになった景色を見てみる。

ほら。
こんなに世界が広がってゆく。

DSC04083


常識に囚われていない柔らかさを持とう。



立ったままで眺める景色だけが
すべてじゃない、ということ。