ChieArt Diary

ChieArt Diary

2016年01月

スピリチュアル旅③

間が空きましたが
旅の続きを。

ゴゾ島に到着!

マルタ島からゴゾ島へはフェリーで30分くらいなので
もしマルタに行った際はぜひ寄ってみてください。

ゴゾ島はいい意味で田舎なのでとてものどか。


PC240191

アズールウィンドウ

数千年という長い年月をかけて
風と波のちからで形作られた自然のアーチ


IMG_3994

丘の上にちょこんと乗ったかのような雲

1カット1カットが
おとぎ話の世界みたいです。

地中海の青は
どこまでも限りなくBlue。


散策していると
目の前に小さな教会 発見!


IMG_4009

誰もいなかったので
祈りの時間にうってつけでした。


近くに小洞窟があったので
小舟に乗ってみると
また別世界が見えてきます。

PC240246

この洞窟のなかで
一瞬だけ別次元へ行った感覚になりました。


ここにいて、ここにいないような・・・

以前訪れたプロヴァンスの
マグダラのマリアゆかりの
サントボーム=(聖なる洞窟)を
なぜか急に思い出しました。

まるで繋がっているかのよう

PC240234

この佇まいも、まるでサントボーム


マグダラのマリアと共に
小舟に乗っているような感じでいると

突然、誰かから声をかけられた感覚に・・・

ふっとそちらを向くと


まぶしい美しい光が


PC240215

この後、しばらく(たぶん本当は一瞬)
別次元へ行っていたかのようでした。


光に見送られ
洞窟を後にします。



マリア様のような光の形


PC240241


洞窟を出た頃には
すっかり元の世界に戻ってきましたが
なんともいえない不思議な時間でした。

時間があって時間がなかった・・・



ゴゾ島は小さな島なので
1周するのはあっという間。

でもバス事情がよくないので
降りる場所と待ち時間を考慮して
気になりながらも降りなかった場所がひとつありました。

それが何を意味するのかもわからず
ただバスから見た時に
気になるな・・・と感じた、ある教会。


それが後で
「奇跡の教会」だったことがわかり、びっくり!

世界中からお礼のレターがたくさん届いていました。


IMG_4046


「奇跡の教会」
ここはマリア様が出現して
病の人々をたくさん救い
奇跡を起こしたそうです。

ローマ法王も訪れていました。

重要なところだったんですね。。。


実は、先ほど綴ったように
ここは気になりながらもスルーしたんです。


ではなぜ行けたのか?


フェリー乗り場で
帰りのフェリーを待っていたのですが
ちょうど1時間くらいあったんですね。

1か所くらいなら行けるかも!

ということで、タクシーで急いで教会までUターン。

それでここが有名な教会だったことを知ったんです。
ローマ法王が来たことも。


「奇跡の教会」で締めくくれたなんて
ちょっとした嬉しいゴゾ島のエピソードでした。



PC240183


そして、このときは知る由もなかったのですが

これは後に体験することとなった
信じられない出来事に続く伏線だったのです・・・。



その話はまた旅のつづきで♪





■1月30日(土)、31日(日)は
今週末は盛岡にて展示&トークイベント開催です!
お近くの方はぜひいらしてくださいね~

詳細はこちらです (^_^)





トークイベント

先日、鹿児島へ向かう機内で
うとうとしていたら

力強い何かに
揺り起こされた感じがして
思わず寝ぼけ眼で横を向くと


IMG_4688



あぁ!富士山でしたか!

なんて美しいの・・・
まるで絵画で描いたみたい

IMG_4683


荘厳な富士山を
上空から拝められたなんて
ありがたいこと。
(眠ったままスルーしなかったことも!)

富士山に感謝をしながら
鹿児島では桜島へご挨拶。
山々の神から
たくさん力あふれるエネルギーを頂き
戻ってきました。

そして、いよいよ来週
1月30日(土)、31日(日)は
盛岡で今年初の展示&トークイベントです。

■場所 盛岡駅ビル フェザン「出会いの広場」
10時~20時30分 ※31日は18時まで
※画集や羽衣スカーフ、版画などの販売もあります。

◎1月31日(日)14時~ Chieトークイベント&サイン会


◎FM岩手「Posh」ゲスト出演
◎TV岩手 朝の情報番組「わくわくDokaaaaah!」生出演


IMG_4858




大自然から受け取らせてもらった
心地よい波動を
作品と一緒に盛岡へ届けにいきたいと思います♪

思い出の地でもある盛岡に行けることを
今からとても楽しみにしています!


お時間ある方はぜひ来て下さいね♪



スピリチュアル旅②

旅をする方には2パターンあると思います。

事前にしっかりリサーチをして行く人と
下調べをせずにざっくり感覚で行く人と。

私は完全な後者なので
観光スポットの重要ポイントからは
外れているものも多々あると思いますが
(あまりそれを重視していないので)
充分、満喫できたマルタ旅でした。


実は、マルタは5年前のショート留学時に
候補にしていたところだったんです。

騎士団という響きは胸に来るし♪
地中海の抜ける青空は元気をくれるし♪

それでも選ばなかったのは

ワクワクが多すぎて
ここに来たら、英語の勉強に
集中はできないだろうと
わかっていたから(笑)

なので、ようやく来ました~という感じでした。


IMG_3962


さて、滞在中によく歩いたのは、首都のヴァレッタ。
ユネスコの世界遺産にもなっている城塞都市です。

小さな街で、見どころは凝縮されているので
それほど時間をかけなくても見て回れますが
歴史を刻んだ建造物のなかに身を置くと
自然と歩くスピードもゆっくりに・・・。


IMG_3880


抜けるような地中海の青色の空!

IMG_3711

あちらこちらに可愛いお店が♪

IMG_3800



大聖堂の中は
想像していたよりも
はるかにゴージャスで
個人的にはあまりのきらびやかに
少々お腹いっぱいな感じでした(笑)

ただ、聖ヨハネ大聖堂美術館にある
カラヴァッジョの「聖ヨハネの斬首」と
「聖ヒエロニムス」を
間近で見ることができて
画家のはしくれとしては大感激でした!

※カラヴァッジョは一時マルタ騎士団の一員
(公式画家)だったことがあったのですが
ここでもまた騎士団の仲間と
いざこざを引き起こし、
監獄入りになり脱会させられたんです。

ローマで殺人を犯し、マルタまで逃げて
なんとか騎士団に入れてもらったものの
ここでまた問題を起こし監獄入りして、
その後、脱獄してまた逃げて・・・というのも
彼ならではのハチャメチャなエピソードです



IMG_3824


夕暮れ時になると
街並みは違う表情になります。


PC230062

ためいきがつく美しさ


PC230057
聖エルモ砦 
※守護聖人エルモの小さな礼拝堂があった場所に建てられたそうです。


PC230064


そしてもうひとつ。

静寂の街と呼ばれているイムディーナ。
私的にはおすすめスポットです。

人もあまりいないし
迷路のようになっている路地がまた
素敵な佇まいを見せていて
映画のなかに迷い込んだかのような
楽しさがありました。


IMG_3926



小高い丘の上にある街ならではの景色。


PC240111

クリスマスイヴは、この場所から
月を眺めていました。


IMG_3922


気になった場所では
あえて時計の針を止めて
ゆっくり過去に想いを馳せてみる、
そんなことが似合う島でした。


続いてゴゾ島へ向かいます。



スピリチュアル旅①

旅はどうであれ、旅。

その旅に
「スピリチュアル」なんてネーミングをつけると
一気にフェイクっぽくなることは
充分わかってはいるけれど

今回はあえて
そのネーミングをつけて
旅を思い出してみようと思います。

旅は私にとって
スペシャルな時間を与えてくれるもの。

いつも魂に導かれ
直感で出かけていくことが多いのだけれど

今回は特にその「導かれ感」が強かった!

出発前と後とではあきらかに
自分自身の変化を感じています。



IMG_4393
こんなところへ行ってきました。



…というわけでスピリチュアル旅①の始まり~♪

今回は出国直前から
「あれ?あれれ?」ということがあったんです。

チェックインカウンターで突然
座席クラスの変更を言い渡されるという
いきなりのスタート

これまで100回以上、
あちこち渡航してきましたが
こんなことは初めてでした。

聞けば予定していた飛行機が急遽変更になり
当初のものより小さいものになったため
座席数の関係で
クラス変更のお願いをすることになったとのこと。
変更の対象者は航空会社が
機械を使ってアトランダムに決めたので
どうにもならないとのこと。

なかにはカンカンに怒っている外国人もいて
その対応でスタッフは大慌ての様子。

正直、あちゃー! とは思ったものの
怒っても仕方ないこと。
了解をして、Gateへ向かい
パスポートとチケットを提示して
いよいよ機内へ入る・・・

と、私一人だけ止められて
戻される指示が・・・!!

えー何??

「1席だけ予定だったお席が急遽空きそうなんです!」

マイクとPCを駆使しつつ
凄い勢いでやり取りをしている様子。

(いや、もう機内に入るところなので大丈夫ですよ)と

声をかける隙も与えないほどの
おもてなしエナジー炸裂でした。

が、その後すぐに落胆の表情が・・・。

「ぬか喜びをさせてしまいすみませんでした!
なんとかならないかと思ったのですが
タッチの差で他のお客様へ渡ってしまいました」

私と同じ状況の方も
いらっしゃるのでそれは当たり前のこと。

「いやいやもうその気持ちだけで十分です。
逆にお気遣い頂いて本当にありがとうございました。
大丈夫ですので~」

ということで
再び仕切り直し。

機内に入るための列へ戻り
チケットを提示すると


またまたストーップが!!!!

うぇ~ん、今度は何???

あと一歩なのに
機内に入れないよ~っ (;_;) 


すると先ほどのスタッフが
すごい勢いで駆け寄ってきて

「お席、確保できました!!!!!」


うっそ~っっ 

そんなことってある????


その間、わずか3分ほど。


結果、二転三転したものの
結局、当初の予定通りに落ち着いたのは
その方の敏速な対応が第一の理由ですが
亡き母たちも力を貸してくれたのたと思います。

動いてくださったすべてに感謝です。

※ 同じ状況で当初の予定通りに
いかなかった方もいると思うので
申し訳ない気持ちも正直ありました。
でも、せっかく作ってくれた流れなので
素直に感謝で受け取らせて頂きました。


そういうわけで、今回は出国時から
流れの揺さぶりを感じつつ
いざマルタ島へ向かいます!

IMG_3675

パリ経由でマルタ島へ。
マルタのマークが素敵♪


次回は写真をたくさん掲載しますね




光の応援

優しいレターが届きました。

文章の端々から
優しく美しいエネルギーが
伝わってきて
私に大きな励ましを
届けにきてくれました。

そして
もしかすると
私だけでなく
同じような状況にある方のなかで
このメッセージから
何かしら「チカラ」をもらえる人も
いるのではないかな…と感じたので
了解を得て一部紹介をさせて頂きます。




(お便りから)

私が
Chieさんを知ったのは中学生の頃です。

母がChieさんの画集を私に買ってきてくれました。
 

幼い頃から活発で明るかった私は
当時、年なりの悩みもあり
母がそれを悟って
いい本を見つけてきてくれたんだと思います。


初めて読んだときは
綺麗で可愛い色合いの絵だなとか、
いい言葉だなーとか、そういう印象でした。
その頃の私には、言葉の意味とかが
あまりよくわかっていなかったんでしょう。

 

そして19歳になった今。
私はうつ病になり、入院しています。

入院経験がほとんどなく、
不安でネガティブなことを
考えてしまったりとつらい日々。


そんななか、先日外泊をとって
家の掃除をしていたら、
当時のChieさんの画集が出てきました!
病院で毎日読んでいます。
 

Chieさんからの強くて繊細で
優しいメッセージに毎日刺激を受けて、
止まっていた私の人生や思考が
少しずつ変わってきています。


「まずは自分を知ること。」

これはChieさんのメッセージからひろったものです。


これからどうしよう、
私にはどんな仕事ができるだろうとか
考えてばかりでした。

まず私は
全然自分の事を知らなかったみたいです。


私はこの本を糧に夢や目標を持ち、

また充実した生活を送れるよう精進していこうと思います。


Chie
さんの本に出会えてよかったです!

これからも素敵なメッセージと絵を

私含め、皆さんに届けてください。
応援しています!

 
(Y・Oさんより)

IMG_9723


生きていると
ふと壁に突き当たったり

立ち止まらざるを得ない状況になることがあります。

そんな時に

どこを見るか
何を見るか

問題なのはその状況ではなく
その状況のなかで
自分の心の視線が
どこを見ているか
その在り方が
大切なのだと思います。

 


大丈夫。

きらめく光は
ずっと共にいてくれるから。

そして、
あなたはそのことを
必ず掴めるひとだから。





奇跡の旅

年末ギリギリの帰国だったため
気がついたら
あら、もう新年に変わっちゃった?という感じで


PC230057



ぬる~く始まってしまいました。(汗)


大丈夫か、2016年!と
静かに心の中で突っ込みを入れつつ

ミラクル続きの旅の様子を
少しずつ綴っていこうと思います。

これまで読んでいて下さった方は
旅の最中、なぜかちょこっと
不思議なことが起きるのをご存知だと思いますが

今回は

決定版みたいな感じでした。

PC270582


時空を超えたような旅でした。


PC260448


要所要所に
確実に「助っ人」がいてくださった感じがします。(笑)

今月は鹿児島出張や
盛岡でのトークショーが控えているので

旅についての更新は
スローペースになると思いますが
気長に待っていてくださいね~




私らしく

新年あけましておめでとうございます

年末のギリギリでしたが
日本に戻って来ました。

2016年も
いままで同様
私は、私らしく

楽しいと思うこと
胸躍ることを
優先的に選びながら
自分の人生を
クリエイトしていこうと思います。

そして色々なことがあっても
柔軟に受けとめながら
またクリエイトを続けていこうと思います。

まっすぐに前を向いて。


_C9A0351


みなさまがどうぞ
充実した一年を過ごされますように。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。