ChieArt Diary

ChieArt Diary

2016年07月

光と影

「旅に出ます~」と
綴ったままでしたが

無事帰国しました♪


さて行き先はというと・・・


P7221221

フランス?


いえいえ


では次のヒント


IMG_7708


IMG_7536

この特徴的な佇まいに

ピンときた方もいると思います。

そして「エカテリーナ宮殿」といえば

P7221185

そう、ロシアでした!(FBをご覧のみなさまにはバレバレでしたが



IMG_8172

ChieArt羽衣をまとっていたら
何人かの方にスカーフを褒められて
思わずテレテレ~


ロシアは広いので
すべてをまわることはできませんでしたが



IMG_7567

モスクワ、ウラジーミル(あのアナスタシアで有名な街)
スズダリ、セルギエフ・ポサード、
サンクトペテルブルグ、プーシキン、ぺテルゴフ…と

あちこちに移動しては
それぞれの土地に
感謝とご挨拶をして来ることができました。


ついでに世界遺産を4つ見ることができて大満足♪


IMG_7885

列車の中では
親日家のロシア人と
色々お話が出来て楽しかった(^-^)


IMG_7615

今回の旅の目的は
出発前にお話した通り

魂に刻まれているであろう
「怖れ」という妄想の残骸を
はっきり見つめ、
とりのぞくためでした。

もうどうにも抵抗ができない…という
恐怖をイメージすると
結構この地に行き着くことがあったのです。

恐怖とあきらめのセットみたいな。

たとえばさらわれて監禁されて
誰も助けに来てくれない…とかね

ドラマチックなストーリーを
勝手にここに結びつけてしまっている感があったので
それでは申し訳ないという思いもあったし

それでもやはり
頭でなく肌で怖い・・・と感じたなら
そこをしっかり見つめてこようと思ったのです。


この世界、ほとんどは
思い込みと妄想で作り上げていると
私は思っているので

ならばできるだけ
軽やかさだけを身にまとい
自由に楽しく
わくわくだけで生きていきたいと思って。

それには頭で想像するのではなく
肉体をそこまで運んで
素直な感覚で確かめたい。


そんな思いで出かけた今回の旅。


結果は…


IMG_7682


出逢う人はみんな親日家ばかりだし

色々行ったけれど
恐怖なんて、なかった。

むしろ温かくて優しかった


影だと思っていたら
意外に光に満ちていました~♪♪


無意識の間に、影を光に変えて行ったのかもしれません。


IMG_7694

雨予報の日でも、太陽の恵みで傘いらずだったし




IMG_7566



IMG_7402


IMG_7519

赤の広場のグム百貨店にはブランドものがずら~り!


P7181030

野外に展示されたロシア人アーティストの作品はスタイリッシュでした



案内をしてくれたアンナとゾーヤ


IMG_7881

一緒にお茶をしていたら

突然
「Chieは神さまを信じてる?」と質問が!

「宗教は持っていないけれど
宗教というひとつの枠にとらわれずに
光とか大いなる存在とか、
宇宙の源とかワンネスっていうのかな
そういうものでみんな繋がっていると思ってる」


正直にそう答えると


「わかる!同じ!それって神道の考えね」と。

えぇ~神道を知ってるの?


その後、みんな地球外生命体なんだとか(笑)
マニアックな宇宙の話にどんどん広がり

まさか、ガイドをしてもらっただけなのに
こんな話になるとは思いもよらず…
(余計な話なんてしていないのに
なぜかいつもこういう流れになる~


でも、それもこれも
素敵な光の計らいのような気がしました。


IMG_7386



そしてギリシャ旅からの
まさかの繋がりも…!


その話はまたこんどお伝えします♪




☆★★☆☆☆彡☆★★☆☆☆彡☆★★☆☆☆彡


<新刊本のお知らせです>

「天国からの愛のメッセージ」(東邦出版) 定価1,000円(税別)

発売開始したばかりですが
Amazonの写真集カテゴリで4位に!!

ありがとうございます!


IMG_8277

愛する人を亡くした方、
悲しみや後悔が残っている方にとって
優しい1冊になることを願っています。


Amazonで発売中です⇒☆☆


もしよろしければ励みになりますので
カスタマーレビューもよろしくお願いしますm(_ _)m




新刊本完成!

新刊本が完成しました!

IMG_7232


「天国からの愛のメッセージ」(東邦出版) 定価1,000円(税別)



タイトルの通り、
この本は
天国から送られて来た言葉を綴ったものです。


これまで出版して頂いた本は
12冊ほどありますが

亡き魂から届いたメッセージを
形にした本は初めてです。

そして、絵描きなのに
作品ではなく、
私が撮った写真を
掲載するというのも、
初めての試みで

すべてが新鮮で
わくわく楽しく行うことができました。



私も愛する人々を
これまで何度か見送ってきました。

愛の世界にいることは
わかってはいるものの

残された者が感じる
ぽっかり空いた
虚しさや切なさで
身動きできない悲しみも
経験してきました。

何十年経っても
いまだに
温かなあの手にふれたい…
そう思うことがあります。


頭ではなく
心ではなく

ただ、感覚と習慣で
いつまでも求めているんです。



だからこそ

この本を通じて
亡き魂と再会できるといいな
ページをめくる時間が
会う時間になっているといいな

そんな想いで
いまの自分ができる力を使って
取りくみ続けてきました。



赤ちゃん、子供、伴侶、
恋人、親、兄妹、ペットたちからの
光のサポートがあったおかげで
形になれたので

ある意味で
この本は
天国にいるみなさんとの
共著だと思っています。


敏感な方は
写真を眺めているだけでも
「なつかしい何か」を
感じとれるかもしれません。


また
亡き人を見送った経験がない方にとっても
気づきや励ましになる本だと思います。



全国書店他
アマゾンからもご購入できますので
よろしくお願いします♪


Amazonはコチラ⇒★★
(カスタマーレビューにコメントを頂けると
大変励みになりますのでよろしければお願いします!)


5年前のある魂との約束が
ようやく形になり感無量です。



どうか必要な方のところへ
この本が届きますように。。。



ぜひご覧になってみてくださいね (^-^)


※ChieArt Shopでも
今週末からご購入できるようになります!


奇妙な体験

異国の地で旅中ですが

今日は前回お伝えした
不思議な体験の話を。


それはファスティング最終日のこと。


だんだん五感が
研ぎ澄まされていっているのは
感じていたものの

この日の夜は
ちょっと説明しがたい
奇妙な経験をしました。


IMG_2488 (2)



なんとなく気配を感じることって
あると思うのですが

まさにこの夜はそんな感じ。

いままでも何度もあることなので
あまり気にしてはいなかったものの
この日は
いつも以上に生々しく
誰かが目の前にいるのがわかります。


輪郭が見えないだけで
息づかいがはっきりわかるほど。

真夜中に面倒くさいな~
眠らせて~

想いを伝えても
いっこうに御いとまするをする
気配もないので


これは話し合うしかないな

仕方なく起き上がって
布団をあげて
電気をパチッとつけて

「で、何ですか?話があるんでしょう?」


その冷静な本気モードの
声の響きに驚いたのか、

気配はどこかへ
消えていってしまいました。

「何よ~せっかく起きたのに~。勘弁してよ」


こよなく眠ることが大好きな上に
熟睡タイプなので
途中で起こされのは、本当に苦手。


とはいえ、まだ真夜中。


「今度は起こさないでよ~」

そう言い残して
電気を消して
たたんだ布団を
足でくしゃくしゃっとまるめて
ふて寝っぽく
横向きで再び眠ったのです。


何で横向きで、と書いたかというと
普段は天井を向いて眠るので
あまり横向きになることはないのです。


だから
(今日はめずらしく横向きなんだ)と
そのことをよく覚えていたのです。

それから3~4時間後

朝が来て目が覚めた時
ぎょっとしたのは

布団をまるめた形跡もなければ
横向きで眠った形跡もない

綺麗にたたんだままの布団と
いつものように天井を向いて
眠った状態の私がいたのです。


うまく表現できないので
とてもわかりづらいと思うのですが


もともといつものように眠った私が
そのまま朝を迎えていたということで


何ものかの気配に起こされて…という
あの生々しい体験が
存在していなかったのです。


電気のスイッチを押す感覚は
それはそれは確かに覚えています。


せっかく起きたのだからと
神さまへ手を合わせて
朝のご挨拶をしたのも
布団をくしゃくしゃにまるめて
ふて寝のように
横向きになったのも

寝ぼけてそう感じているだけという
レベルではなく

本当にしたことなんです。


夢を見たのでは?といわれても
仕方ないことですが。。。。


体から抜ける
体外離脱ではなく

また過去、何度も言われて来た
行ってもいなかった場所に
私がいたのを見た、という
ドッペルゲンガ―的なものでもなく


なぜかはわからないのですが
時間軸を外した世界に
入り込んでしまった感じなのです。


同じ地球に
同じ場所で
自分がいくつも存在をして
それぞれの世界で
同時に違うことをしている、

その体験をしたのです。

重なったトランプカードの
一枚を引くと
いまブログを書いている私がいて

別のカードを引くと
同じテープルに座っていながらも
別のことをしている私が
同時に存在しているといった感じなのです。



もともとパラレルワールドを
意識したのは
私が10歳のときでした。


学校の帰り道、
ひとりで歩きながら

あ。この瞬間に
同じこの道で
同じ私が
違うことを選択して経験してる

そのことをリアルに
思い出した瞬間があったのです。


でも、
わずか10歳の私は
当時パラレルワールドなど
まったく知らなかったし


この話を
誰かにいえる時代でもなかったので
ただ自分の胸のなかに
閉まっていたのです。


その扉が長い年月を経て
開けられた感じです。


いったいこの瞬間にも
何人の私が
この世界のなかに
いるのだろう?

何人どころじゃないな、
すごい数なんだろうな。

全然違うことをしているのかと思ったら
意外と同じ暮らしをしていて
そんなものか、と思いました。

とんでもない世界にいる私もいるかも知れないけれど。


今日はうまく言葉で伝えられなくて
支離滅裂になってしまいましたが
(ごめんなさい!)


自分の記録として書きました。



こんな面白い体験が出来たのも
ファスティングをしたからこそ。

断食の世界に繋いでくれた
まゆ美さんにも感謝です!



すべては流れなのでしょうね。



FullSizeRender (002)



11日間の
貴重なファスティング体験後

お気に入りの珈琲ポットで
飲んだ珈琲の美味しかったこと!!


どれだけこの「お方」に
救われているかって。笑



機会があれば
ぜひまたやってみたいと思います~(*´▽`*)





行っておきたい国

このブログを
みなさんが読んでいる頃には

私は日本を離れて
ある国へ行っています。

変動が激しい
今年だからこそ
いまのうちに
行っておきたいと思った場所へ。



そこは私にとって
ある意味で
スペシャルな国。



IMG_9507

自分の魂のDNAに
「光と影」が刻まれているとするなら
その国は私にとって

影の記憶が残っている場所。

行ったことがないのに
何度もここで
「恐怖」を学んだ感じがするのです。

よく「愛」の対極は「無関心」というけれど
私は愛の対極にあるのは
「怖れ」だと思うので

そのわずかに残っている
「怖れ」を見つけるために
その地へ行ってみようと決心しました。

その土地へ行けばきっとわかる。

恐怖だと思っていたものが
すべて妄想が作り上げた
陳腐なストーリーの可能性も大だし。

いずれにしても
影の記憶を
光の記憶に変えてきます。

怖れなんて自分の中には必要ない。


これからはさらに軽やかに飛びたいから。
しっかり見つめてデトックスして来ます。


Wifiが通じるかどうかわからないけれど
FBでアップできるようならチャレンジしてみます。


ブログでもまたご報告しますね~。




 

ファスティングレポート

先月の話になりますが

体のなかを一度クリーンな状態にしたくなって

初ファスティングをしてみました♪


私のまわりには経験者がいっぱい。

「すっきりするよ~」とか
「肌が綺麗になった」とか
「体重が10キロ落ちた」とか
「15キロ痩せた」とか
太っていない人でも
5~6キロ減少とか…

なんだかめちゃ高評価!

期待大なんですけど~


ファスティングとはまさに
「断食」のことを意味するので

6日間は酵素ドリンクを1日3杯のみ。

有機のハーブティーもNGで
唯一飲んでよかったのは
有機の三年番茶+お水。

6日間もこれだけなんて…
どうなっちゃうのかな?

この食いしん坊の私が
果たして耐えられるのかなぁ…?

始める前はちょっと不安でしたが
いざやってみると


どうってことはなかった。(^^;)


これが素直な感想です。


毎日の料理を考えずにすむので
時間がその分空いたし、楽でした。

特にお腹も空かないし
思っていたよりも
何か食べたい~という
欲求もなかった。

目の前で誰かが食事していても
全然気にならなかった。

これは人にもよるでしょうが
目的に向かって進むことが好きなタイプは
たぶん同じように感じると思います。

ただ、私が最も苦しかったのは
喫茶店に入れなかったこと。

お水、または有機の三年番茶しか
飲んじゃいけなかったので
カフェで資料をまとめるとか
打合せをするとか
日常していることが行えない。

外出していても
カフェに入れないので
座ることができない。


これは意外に
すごくストレスがかかりました。

食事は意外となくて平気。
でも、飲み物のしばりは
私にとってキツイことなんだな~と
改めて自分を知ることができた期間でした。


固形をとらない生活を6日間

その結果

体重は

2キロ減

体脂肪率は0・6%減

・・・って

・・・って

なにこの結果・・・


正直聞いていたよりも
全然変化なしで
がんばった甲斐が
ないような気もするけれど

ここからが大事だというので
そのまま
回復食に突入~

回復食は5日間
(なので合計11日間行うことになります)

1日2食ゆっくり体に固形物を入れていきます。

色々なやり方があると思いますが
ここのやり方は
回復食は
「玄米のおかゆ、または玄米」のみ。

五行養薬膳チェックシートに従って
玄米といっても
食べる種類と順番が決められています。


IMG_1165
こちらは普段食べている玄米。自分が焼いた器で。


おかずはありません。
もちろん、フルーツもなし。
大好きなお野菜もNG。

唯一OKなのは
具ナシのお味噌汁。
それと梅干くらい。

これを1日2回食べる生活を5日間。

相変わらず飲み物はお水と三年番茶のみ。

まだまだカフェに入れず~

素直な感想を言ってしまうと

私は、断食中よりも
この回復食がしんどかった。

来る日も来る日も
玄米と具ナシのお味噌汁のみというのが
「またこれ~?」という感じになってきてしまって

20年くらい玄米生活を続けている私でも
玄米にうんざりしてしまったくらい
パンチがある期間でした。笑

ただ、不思議なほど
普段通りに仕事はできるし
体力が落ちることはなかったです。


そんなこんなの
初ファスティング体験

11日後

スタート時からの
体重の結果は

1・7キロ減 (回復食で0,3キロ戻ってしまいました)

体脂肪率 1・8%減 


というあり様でした (;O;)


あれだけバターやお砂糖たっぷりの
フルコースを食べ続けても

ドリンクや玄米のみの生活をしていても
結果が同じというのはどういうことなのか…

やり甲斐がない体だなぁ~


おかげさまで
誰一人として
「おっ!変わったね」と
言ってくれる人はいませんでした。

あたりまえですが。。。とほほ


でも。

個人的には
今回のハーフのものは
またやってみたいと思っています。


見た目の変化はなかったとしても
やっぱり見えないところで
デトックスされたのがわかるから。

そして水の甘みを感じられるほど
敏感になれた体験は
やっぱり感動的です。


敏感になったのは
舌の感覚だけじゃなく
五感すべてが研ぎ澄まされたようで
実は、この期間、
忘れもしない
信じられない体験をしました。


P3260749
デトックス~♪デトックス~♪見た目は何も変わらない~♪♪ うひゃひゃ


歌うのはやめなさいっ



ということで
不思議体験については
また次回!




わんこがアート鑑賞

8月に盛岡で行われる
アートイベントと

銀座個展での展示に向けての版画制作。

できあがりました~

久しぶりの巨大版画です。

大きさは130x97cm

仕上がりを確認するために
並べてみたら


トコトコと

おちびがやってきて

ロア絵1




ん、絵画鑑賞 !?



誘導したわけじゃないのに
自らが絵の前に立って
作品をしばらく眺めている姿は



ロア絵2


この光を動物も感じていることを
教えてくれている気がします。




動物(も)…ではなくて

理屈で考えない動物だからこそ
ストレートに感じとるものがあるんでしょうね。


虐待にあった動物たちの避難場所とかに
作品を囲むスペースとかできないかなぁ。

協力しますので
関係者の方で
もし何かご提案があれば
ぜひお知らせください。


ひとも動物も
みんな「いのち」の仲間だから。


 P9201041



魂の声

年内に発売される
13冊目の新刊本。


今回の本は
先日お伝えしたように

私が撮った写真が掲載されます。

私の作品、ではなくて
私が撮った何気ない写真が載るなんて…

なんだか不思議な気持ちですが

そんな無謀な企画を立ててくれた
出版社の新しい試みには

すご~く勇気をもらっています!

だって、私の眠っているものを
信じてくれているということだから。


P2200514



実は、今回の新刊本に向けて

いまは亡き魂たちの声を
受け取り続けてきました。

天国にいる方々から届く
メッセージは
愛そのもので

共鳴する部分が多く
深く心が揺さぶられました。


それだけに
読む方にとって
大きなものになると思っています。

生まれて来れなかった赤ちゃんからの
メッセージもたくさん届いています。


ちゃんと受け取れているのか
私でいいのか、
本当に大丈夫なのか

何度も何度も
確認をしました。

そのたびに
勇気と励ましをくれたのは

天国にいる光の魂たちでした。


その本もいよいよ大詰めに!


最後まで心を尽くして
楽しく進めさせて頂こうと思います。


また整いましたらお知らせします。


どうか楽しみに待っていてくださいね。(^-^)



成功と失敗

7月なのに紫陽花が!

紫陽花を眺めると
和を感じて
清らかな気持ちになる。


P7100945



さて、これから
あるワークをするために
八ヶ岳に行ってきます。


日々、色々なことで動きがある。

ということは

それだけ
選択肢が増えているということ。


この波を
どんなふうに掴んでいくか
それこそがクリエイトで

どの道に進もうが
何を選択しようが
失敗はないということだけはいえる。

失敗だと感じるのは
自分自身の内在している「何か」が
そこに反応しているだけ。

状況には失敗も成功もない。


気持ちよく生きていくためには

ただひとつだけ。



P7100947



「それが自分にとって
わくわくすることかどうか」


迷った時は
そこに焦点をあてる。


私はその繰り返しで
ここまで来たような気がします。


これからもずっと。



 
眺めるアートセラピー

今月の作品はこちら→★★★

一日わずかでも作品を眺めて
気分をリフレッシュしてくださいね。