ChieArt Diary

ChieArt Diary

2017年02月

声の波動

先日、渋谷のスタジオで収録をしました。


今回の新刊本は

「誘導瞑想CDブック」なので

メディテーションの読みも

私自身がすることになりました。



ブログ2



私はプロのナレーターではないし

特別なトレーニングを受けたこともないのですが

プロの渡辺祥子さんに

一度読みを聞いてもらったことが

心のお守りになりました。

(祥子さん、ありがとう~



高橋全さんの優しい曲に

気持ちをあわせて

目の前にみなさんがいるつもりで

想いを言霊に乗せていきます。


IMG_1976



沖縄に遊びに行った友人が

たまたま出会った人が

私の本を大事にしてくれていたことを教えてくれました。


私が知らないところで

私の本を読んでくれている人がいるんだと思うと

心が奮い立ちます。





本1冊が書店に並ぶかげには

たくさんの方々の関わりがあります。

そういう方たちの想いの分まで

ちゃんと伝えられるものにしたい。



収録時に

聴いていたみなさんが

揃いも揃って

とろ~んと瞑想状態になっていたのは

いいサインでした。(笑)



IMG_1982


当日、具合が悪くてかなりひどい状態だったS氏は

私の声を聴いているうちに

嘘のように元気になった!と言って

収録後は一緒にご飯を食べるまでに回復してくれました。

よかったよかった(笑)




出来上がるまではまだ残り半分、

編集者を含むみなさんの力を借りながら

最後まで丁寧に仕上げていきたいと思います。






☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡
 
★ChieArtショップ⇒コチラです 

※ショップでは版画や画集、羽衣などを取り揃えています。
 
版画「心花」完売しました。ありがとうございました。
現在扱いがあるのは版画「Awakening」のみとなります。


 




 

あり得ない出来事

ロアが立て続けにやってくれた

とんでもない出来事。


IMG_0361 (002)

ワタチ、何もしてないデシけど?




それは閉まっている門扉を

すーっと通り抜けてしまったこと。



これが、4日間も続きました。




わずか一瞬の出来事でしたが

体が門の中に

すーっと入っていく瞬間を目撃した時は

ついにロアも私もおかしくなった…と。


きっと私の脳には病気があって

幻覚を見ているんだろうという気持ちも

正直ありました。


※一応「脳ドック検査」で

徹底的に調べてもらったのですが

脳に異常はまったくありませんでした




重い鉄の門は

押したところで開かないことは、ロアも承知。

お散歩帰りは開けてもらうまで、

門の前で待つのは、彼女の日課でした。

でも、あるとき

目の前の私道で

追いかけっこをしていたら

勢いついたのか、



なんの躊躇もなく

すーっと門扉を通り抜けたんです!


門扉が多少なりとも動いた気配はなし。

下からくぐれるだけの隙間もなし。



IMG_1782

その門扉はこれ。結構頑丈で重いです。



あり得ない!!!

あり得ない!!!

あり得ない!!!!



否定する私を諭すかのように

私が降参するまで

何度も何度も同じことを

見せ続けたのです。



このことはロアを使って
(ロアの意識は合意しているのだろうけれど)

私に植え付けられている固定観念

常識と言われているものを

もっと取り外していくよう

促しているサインのようでした。


またそれは

私の深い意志が起こしていることで

自分に贈るメッセージのような気がしました。




常識って何だろう?

いままで「こういうもの」と言われてきているもの

思われてきたものが

私のなかで

どんどん崩れてきています。


「バベルの塔」のように

バラバラバラ…と崩れていっています。




真実、偽り、善悪、社会的な常識

そういう視点でものごとを見ているうちは

いつまでも掴めない世界というのがある、

いまの私は、そんな気がしています。



言葉では説明しがたいのですが



結局、何も存在していないんだ、という感じ。

全てが幻、という感覚。


同時にそれは

欠けているものはひとつもなく

完璧な空(くう)で

すべてがある、という感じなのです。






<おまけ>

ロアが何度も通り抜けできたのだから

きっと私もできるはず!と

何度も体当たりでチャレンジしてみましたが

いまだにできません

狙った意識では無理ですね(笑)






☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡
 
★ChieArtショップ⇒コチラです 

※ショップでは版画や画集、羽衣などを取り揃えています。
 
版画「心花」完売しました。ありがとうございました。
現在扱いがあるのは版画「Awakening」のみとなります。



 

ひたすら熱い想い

熱い視線を感じることがあります。



視線の先には

必ずロアがいます。


IMG_0672


ブログを書いている時

夢中で執筆している時

ぼんやりしている時

洗濯ものを干している時


IMG_1644


何も言わず

ただじーっと私を見つめている。


ここまで熱い視線で

見つめられる経験がないので

いまだに少々照れますが

私のすべてを見ている彼女の存在は

言うまでもなく

とてつもなく大きなものになっています。



IMG_1548



彼女を見ていていつも感じるのは

ナースのような

癒しのエネルギーをまとっている子だな、と。



動物と暮らしているひとなら

きっとこの感覚はわかると思いますが

いてくれるだけで

十分なヒーリング効果。


動物も植物も

地球上でもっとも力のある

セラピストではないかと思います。




IMG_1528


そんな彼女

最近、立て続けに

とんでもないことをやってくれました!!

次回はその話をしたいと思います。



それは心臓が止まりそうなくらい

驚くべき出来事でした。





☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡
 
★ChieArtショップ⇒コチラです 

※ショップでは版画や画集やCD、羽衣などを取り揃えています。
 
版画「心花」完売しました。ありがとうございました。

現在扱いがあるのは版画「Awakening」のみとなります。





 

心境の変化

昨年から猛スピードで

自分の中のどこかが解き放たれて

狭く窮屈な中には

おさまらなくなって来ているのを感じます。


P4060834


どうしてそうなったのか

いまでもわからないのですが

(一方では納得している自分もいたりして)

立て続けに起こる

パラレルワールドの旅を体感中なのも

これからは

固定観念でがんじがらめになっている

窮屈な世界に生きるのではなく

何事にも縛られない

溢れる創造の世界に

自由な世界に生きると

自分のどこかが決めてのことだろうと言う気がします。




あり得ないことばかりが続くうちに

いかに普段、社会的にいう「常識」に

それこそ目に見えない「幻想」に

つかまえられていたかが

よくわかるようになりました。



みんなと同じ、というものほど

無茶ぶりはないです。

個々はもともと全然違うのだもの。

違う光を放っているからこそ

違う役割を持てて

だからこそ、ひとつに繋がるのだもの。



夕日



少し前までの私は

ブログもなるべく頻繁に書かなくてはと思っていました。

返事もできるだけ全員にもれなく出さなくてはと決めていました。

数が多くなっても

仕事量が多くなっても

まだまだそのくらいできる、

初心を忘れるな、とお尻を叩いていました。

責任感こそが自分の唯一の

長所だと思い込んでいたのですね。


でも、あまり

そこにフォーカスをしてしまうと

肝心の「創造の世界」に集中できなくなってしまう。

前々からこれではいけないと

気づいてはいたけれど

手放せなかった部分。

それを、ゆるくすることにしました。

返信もできるときにするというスタンスにさせて下さい。

うっかり抜け落ちたら「忘れたなー」と笑って下さい。



私に必要だったのは

ひとに対する信頼でした。



周りはいい人ばかりなのに

責任感のため、といいながら

裏返せば、

自分がきちんとやらなくては何も進まない

人々はミスを許してはくれない、

プロならあたりまえ

そういう、どこか偏った心でした。

強いと思っていたものは、「弱さ」でした。



人間をどこかで信じ切れていないのは悲しいことです。



それを教えてくれたのは

並行世界での経験。


もちろん、いい加減になるということではなく

分散されたエネルギーを

できるかぎり制作に向けたいのです。



みなさんから頂く優しさのお返しは

さらに研ぎ澄ませた作品たちで

渡していきたいと思います。

なので、うっかり返事スルーになっても

「あいつー」って笑って許して下さいね。



今日も同じ空の下で

そっと創造しています。




☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡
 
★ChieArtショップ⇒コチラです 

※ショップでは版画や画集、羽衣などを取り揃えています。



心の花束

優しいひとから頂いたものは

やさしい光を放っています。


IMG_1819


 こころが「もの」に

姿を変えているからだと思います。


IMG_1822

 

新刊本の原稿、

書き終えたはずでしたが

その後、何度も何度も手を加え直して

(我ながら、しつこいっ

気がついたら10数回以上の書き直し。


編集者に指摘されたわけでもなく

そう、誰に何も言われていないのに

勝手に修正を加え続けています。


IMG_1770


理由は

今回の本は

光の瞑想のCD本だから。


「まったくビジョンが見えない」

「何も感じない」

「全然わからない」

そういうひとたちにも

光の世界へ繋がってもらうにはどうしたらいいか

考えているうちに

朝になってしまうという。。




瞑想に慣れていないひとから

瞑想のベテランさんまで

幅広く活用してもらえるものになるように。



また時間がないときと

ゆっくり瞑想をしたいときとに

分けたらどうだろう?

などなど

アイデアがどんどん広がって

最初1パターンだったのが

ロングバージョンと

ショートバージョンの

2バージョンに増えたりと


夢中で取り組んでいます。



これから素敵な音楽をつけてもらって

読みも私自身が行っていきます。




ペースを落とせるようになるまでは

あともう少しかなぁ…。




あまり突っ走り過ぎないよう

からだの声もきちんと聞かなくては…ですが。

(これ、不得意だけれど学んでいる最中です




そんな日々を送っている私に

息子からの呼び出しが。


 IMG_1913


おっ!出た~サプライズ(笑)



親というものは

(支払いは大丈夫なのかな?)

(お金ないはずなのに)なんて

つい要らぬ心配をしてしまいます。


でも、上手に甘えるのも愛情。



いつまでこういう時間を

過ごせるかはわからないから

いまのこのひとときを

素直にありがたく

受けとらせてもらおうと思います。


やさしさを、ありがとう。




立春のバースデーには

みなさまからもたくさんの「こころ」を頂きました。

本当にありがとうございました。



 IMG_1919


私もみなさまに恩返しをしていきますね。

口で語るのではなく、

ほんのわずかでも行動で。



満月の日の、私の小さな誓いです。





☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡
 
★ChieArtショップ⇒コチラです 

※ショップでは版画や画集、羽衣などを取り揃えています。




2月の作品

2月ですね♪

ブログ3



1月は「いい意味」で

不思議なくらい長かった。

1か月間でこんなにも色々なことができるんだということを

身をもって体験させてもらった気がします。


とても得した気分。

時間という概念が

どんどん薄れていっているのを感じています。



節分の豆まき

行事ごとをやっておきたい自分がいて

息子がいい大人になっても

なんだか止めどころが見つからなくて

毎年こっそり行ってきましたが

今年はどうしようかな~

もともとは子供に

日本人としての美しい行事を

伝えたくて始めたことだし。。



IMG_1643

ロアちゃん、鬼になってくれるかしら?




節分が終わったら

いよいよ立春

旧暦(太陰太陽暦)では

新年の始まり。


スタートがすでに不思議な流れなので

これからがまた楽しみ。

不思議が続こうが終わろうが

動じない自分を保っていきたいと思っています。




P.S

2月になって作品が変わりました。

一日のリセットに、始まりに

ぜひのぞいてみて下さいね。


作品名は「小夜曲」

今月の作品⇒ ★★





☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡☆☆☆彡★☆★☆☆☆彡

 
★ChieArtショップ⇒
コチラです 

※ショップでは版画や画集、羽衣などを取り揃えています。