ChieArt Diary

ChieArt Diary

2018年03月

エジプト旅⑥

エジプト旅話は今回で最後。


ということで締めくくりはピラミッド!


IMG_0915

ギザの大ピラミッド。

大き過ぎて大きさが逆にわかりづらいという…


聖地は「呼ばれないと行けない」とよく言われます。




贅沢なことにピラミッド貸切りだったので

そこでゆっくり過ごしたあの時間

私は「クフ王の間」で

宇宙まで飛んで行った感覚になりました。





それは無意識で

気がついたらそうなってしまった、というより


自分が意識して

自分の意思で宇宙に行った、

という方が適切な表現だと思います。






作品はピラミッド内の

中央に置かせてもらって

作品と私とその場のエネルギーが

共鳴しあうのを静かに感じていました。




もしもここで静かな化学反応が起きたなら

これからの作品に活かせるかな…と

ふと思う邪な気持ちもあったのですが



何も起きなかったとしても

実際には私にとってたいしたことじゃなくて

確実にまた純度をあげたものが描けると思っています。




IMG_0936



その自信のようなものは

私がここに肉体をもって

これまで歩んできたという軌跡が

そのすべてがそう感じさせてくれているのだと思います。




転んでケガしても

理由はわからなくて戸惑っても

納得いかないことが起こっても

どんなときもそのなかに

「光」を見つけて来れたからかもしれません。



IMG_1024





帰り際スフィンクスにお別れを言った時

え~っっ!!!!

というメッセージを受けとりびっくりしたのですが

しばらくはゆっくり

作品を描く時間だけに集中したいと思います。




IMG_0973

禁断の、ちゅ(笑)




IMG_1027



すべてに心からありがとう





<おまけ>

ピラミッドもそうですが

エジプトの神殿内では

天井の低い狭い通路を通ることが多いので

たいていこんな風にかがんで歩きます。

これから行かれる方の参考になれば。

(美しくないオシリ画像で失礼します


IMG_1129



IMG_1012



お読みくださりありがとうございました



★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップの告知」

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 6月23日(土)14時~15時30分

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5分

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

★ TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10:00〜17:00 )


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら




エジプト旅⑤

美しい佇まいのイシス神殿



IMG_0785



解放的で気持ちがよかった~


IMG_0360


ここでは青空のもと

みんなで瞑想をしました。



前にも書きましたが

集団で祈っていたりすると

テロを意識してか警戒され、

すぐに警備のひとが飛んできます。



でも、この時は

少しの間、見守ってくれました。





IMG_1064



ところで前回、

神聖幾何学について書きましたが

ここイシス神殿では

あるマークを発見!



それは…



こちら↓



IMG_0395




でた~!


先が広がっている十字の模様!!





昔、マルタ島に行った時に

この印を偶然見つけて

大興奮したのですが




まさかエジプトでも見るとは!!!





というか

この形の十字って

もしかすると

かなり有名な形なのかも…??





そういえば、日本でも

天草に行った時に

とある教会で

こういう十字を見つけたことがあったよなぁ…。





でも有名であろうがなかろうが


そんなことは


私にはどうでもいいことで(すみません





びっくりした理由は




これです↓




54-540騎士団



先が広がっている十字。





もうずいぶん前になるけれど

この形の十字が

やたら出て来た時期があって





以来、時折

生まれてきてくれるこの十字。





だからこのイシス神殿で

この形を見つけたときは

えぇ~ここでも!!

心の中で密かにはしゃいだ自分がいました(笑)





画像だとわからないと思いますが

実は、エジプトへ持参した新作にも

この十字はベースに描かれているんです。



IMG_0427 (2)




何の繋がりがあるのかはわからないけれど


あるとき


何かの拍子に


あっ、似てる~!!




そう思わせてくれる瞬間があって


それがたまらなく


気持ちを奮い立たせてくれます。






私が気づいていない何かが


そこにはある!と


ドキドキワクワクするのです






だからといって


そこに意味づけを加える必要はないし


むしろ余計な知識は入れない方がいい。






頭に入ると頭で描きにいってしまうので


意識して知識は置いて行った方がいい。


そう。表現をするひとは、


色々なことを知らない方がいいと


私は思っています。


それはそういう役割のひとに任せた方がいい。




IMG_0493



自分の記憶力のなさ

知識力のなさの言い訳のようですが(笑)

それも含めて

すべては完璧だなぁと思うのです。






<おまけ>


IMG_0139

あまりに可愛かったので写真を撮っていたら


私が彫ったんだよ!と満面の笑みのおじさん


IMG_0138

これ全部そうだよ~




エジプト料理も美味しかった

IMG_0140



IMG_0141




次回でエジプト旅の話は最後です


★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップの告知」

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 6月23日(土)14時~15時30分

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5分

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

★ TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10:00〜17:00 )


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら


エジプト旅④

ルクソールの北にある

デンデラ神殿、ことハトホル神殿



IMG_0510


クレオパトラのレリーフも残っています。

が。たぶん撮り忘れています



IMG_0609



IMG_0540



IMG_0544



ハトホルは愛と喜びの女神



IMG_0519




IMG_0517

たくさんの美しいレリーフがありました。






このあと向かったのはアビドス神殿。


ここはラムセス2世の父である

セティ―1世の葬祭殿で

オシリス神信仰の聖地だったそうです。




IMG_0667



普通、至聖所は1つなのだそうです。

でもここは7つあって、

ホルス神、イシス神、オシリス神、アモン・ラー神、

ラー・ホルアクティ神、プタハ神、

そして神格化されたセティ1世という順番で

1列に祭られています。

こういう構造は他ではないそうです。





そして、なんといってもここには 

見逃せない場所があるのです!




それは
葬祭殿の隣にある「オシレイオン」



オシリス神のお墓です。



お墓といってもあくまでも「神様」なので

本当に埋葬されているわけではないですが(笑)

神話では、オシリスはバラバラにされて、

その頭がここアビドスに埋葬されたとされていて

それでここが聖地となったんだそうです。





で、見てもらいたいのは、柱にある 




このマーク!↓




IMG_0677


右上にある形、わかるかな?


もう少しズームしてみますね。


P2242884




はい。フラワー・オブ・ライフです~



神聖幾何学のマークがここには残されていました!





技術的な観点でも驚くのですが

これは刻まれたものでないのだそうです!

花崗岩に焼きつけたか、何らかの方法で描かれたそうで

数千年前にすでにそういう技術があったなんて!!




やっぱりね…。

その頃の時代の方が、今よりも

はるかに上回っているものが多くて

現代は古代の後を追いかけている

そんな気がしてなりません。






<おまけ>

アビドス神殿は壁に

ヘリコプターやUFOが描かれていると

マニアの間では有名。




それがコレ ↓


12a[1]


どうでしょう? そう見えなくもないかな?





 ★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップの告知」

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 6月23日(土)14時~15時30分

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5分

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

★ TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10:00〜17:00 )


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら



エジプト旅③

旅の間、

カイロ、アスワン、アブシンベル、ルクソールと

あちこちの所に行きましたが

毎日、私のバッグのなかには

作品がありました。



心強い旅の御供となってくれた作品「光の柱」。




IMG_0729



この作品、

まだ完全に仕上げられていない段階で

持ってきてしまいました。



埃がかぶるかもしれない状況だったので

これはどこでもOKの仕様で

仮として作った見本なのです。



名前もつけられていないホヤホヤの段階で

エジプトまで来た子。




それがあちこちの神殿を周っているうちに

ふたつがひとつとなり

光の柱として仕事を一緒にしていることがわかったので

タイトルはそのまま自然に「光の柱」に。





IMG_0539


ふたつでひとつ。


IMG_0676


エジプトはどこでも

神殿内には警備の人たちがあちこちにいて

おかしな行動をしていないか

様子をこまめに厳しくチェックしています。



集団で祈ったりすると

すぐにNGが出ます。





強面の警備員が私をみて

手招きしたので

(ひぇ~怒られることしたかなぁ…)

ドキドキしながら行くと



「祈っていたね…」と一言。

正直に「はい…」と答えると



1人だけ奥の部屋まで連れて行かれたのです。





それがここ。






IMG_0595



部屋の奥をよく見ると穴があいています。


穴の真上の天井には小さな光があって

「天と地を結ぶ強烈なエネルギーの所なんだ」と言われた気がします。



「さっとなら入っていいから…」と言われたので

入ってみると

警備員さんはわざわざどこかへ行って

しばらく、ひとりにしてくれたんです。






天と地を結ぶ強力なエネルギー場と言われる所へ

作品を置かせてもらって

少しの間、ご挨拶を。




IMG_0593



私は作品そのものじゃないから

本当のことはわからないけれど

色々な場所で作品の仕事は静かに行われていたのかな…。





帰国後、あらためて

写真を見てみると

そんな気がします。




ちなみに穴があいているので

一瞬、まさか…おトイレ?

なんて思ってしまいましたが

違うようでした。(すみません!





古代エジプト人が当時使っていたのは

こちらだそうです。


cb384aa4-s[1]




先ほどの部屋では

実際に穴のところに立って見ましたが

確かに強いエネルギーの渦が

ぐるぐると回転して上がったり下がったり

しているのがわかりました。



なぜ穴があいているのかは不明です。







そして作品はピラミッドの中でも仕事をしてきました!




贅沢にも貸切だったので

「王妃の間」と「クフ王の間」に

置いてゆっくり祈りをしてこれました。




P2262947





IMG_0588




IMG_0427




作品にお疲れ様とありがとうを





これからこの作品を

版画として完成させる作業に入ろうと思います。




エジプト旅の話はまだ続きます。






「おまけ」


このお方はセクメト神。

宇宙人っぽく見えちゃうのは私だけ?(笑)


IMG_1136






★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップの告知」

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 6月23日(土)14時~15時30分

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5分

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

★ TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10:00〜17:00 )


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら




エジプト旅②

エジプト滞在中

朝陽や夕陽を何度も見る機会に恵まれました。



朝が非常に弱い私は

朝陽を拝むことなんて

普段の生活の中ではまずできないので

これも非日常の旅ならでは!

ありがたかったです。



アスワンへ行く目的は

まさにこの「朝陽」でした。



P2222772 (4)



訪問した時は、ちょうど春分の日。


IMG_0237



IMG_0234



アブシンベル神殿では

春分の日と秋分の日の年に2回だけ

入口から朝陽がまっすぐ神殿奥まで差し込み

ラムセス2世の像に

光があたるようになっているんです。





それはわずか、数分間だけのこと。




IMG_0066



何千年という大昔に

どうやってこのような設計ができたのか

奇跡と言われているのも納得です。




ご神体が並んでいるうち

冥界の神、プタハ神にだけは

光が届かないよう設計されているというのも

何かしら意図が感じられますね。




で。当然、その数分間の奇跡を見るために

この日は世界中から集まって来るわけです。




朝陽が昇るのは6時45分。




その瞬間を見るためには

そのときに神殿内に入っていなければなりません。



というわけで

深夜1時には神殿ゲートの外でスタンバイ開始!

神殿内に入るための、順番待ちが始まります。



ひたすら待ち続けている間には




ずるして割り込みをしようとする人たちが出てくるわ

押すな、押していないと喧嘩を始める人たちが出てくるわ

みんな徹夜で疲労が重なっているからか

少しずつ殺気立ってきていて

小さな戦いがあちらこちらで見られ始めました




IMG_0100

夜に行われる光と音のショー。

IMG_0088



これから

神聖といわれる神殿内で

年に2回だけの奇跡を体験しに行くはずなのに

え、これですか…????

という感じでしたが(笑)



その様子は

人の持つ諸々の顔を

あえて表面化して見せてくれたようで

人間っぽさ、生々しさを感じました。



こういう集団のなかでは

集合的無意識が繋がりやすくなり

あっという間に伝染していきます。




気をつけなければならないのは

「正義」という言葉を借りながら

誰かを罰して排除しようというエネルギー。

これは本当に強烈で移りやすい。怖いです。



そうならないためには

常に状況を傍観して見る癖をつける、に限ります。



緊張感あふれるその現場で

唯一ほっと和んだのは

商魂たくましい物売りの人たちでした。




え~いま、このピリピリした空気のなかで

適当な値段を言って入ってくるの~?と思いましたが

その絶妙なタイミングを含め

妙に微笑ましくなって思わず笑えてきて

うん。笑いってすべてを包み込む

強さがあるなぁ~と感じた瞬間でした。




そしてたくましさを感じた瞬間がもうひとつ。



何時間か待ったあとで

ようやくゲートが開いた時です。


我先に!とピリピリ感がマックスに達している時

何時間も待ち続けたひとたちの

長蛇の列のことなんか無視して

ゲート横にいる警備の人のところへひょこっと来て

話しかけているエジプト人のおばあちゃんがいたんです。



どうも「入れてくれ」と言っているよう。

「いや無理だよ。並んでもらわないと…」と

言っていた若い警備員でしたが

腰の曲がった大人しそうなおばあちゃんの

何とも寂しげな表情とお願いポーズに

(それじゃ、ばれないうちにさっさと入って…)というジェスチャーで

さっとおばあちゃんを通してあげたという。。。



これ、ちょうど私の前で起きたんです。


驚くほど大胆な割り込み法を使ったおばあちゃん(笑)

いけないことかも知れないけれど

怖い顔をした警備員さんが

おばあちゃんをさっと通したことが

温かく感じられて妙にほっこりしました






さてそんなこんなでゲートを通ったあとは

もうひとふんばり。

アブシンベル神殿まで猛ダッシュです!



次は神殿内に入る席を確保しないとならなかったんですね。

(まだあったんかい~っっ

そこから待つことさらに2時間以上。。



待ち過ぎでしょ?と言うもいると思いますが

逆の発想をすれば

神殿内に何時間もずっといれるなんて

なかなかできないことで、

貴重な体験でした。



IMG_0179



そのうえ、待っている間は

作品を奉納する気持ちで

ずっと神殿内に置くことができたので

作品も私も

ある意味では「頂いた時間」だった気がします。




IMG_0280




そうこうしているうちに

薄っすら陽が神殿内に入りこんできました。




IMG_0216



神秘の朝陽が

神殿奥のラムセス2世にあたり始めます。





実際はどうだったかというと

人が多すぎて

一瞬しか見れなかったし

肝心のラムセス2世像は

神殿のいちばん奥にあって

一般客は近くまでいけないんです。

なので、

ゆっくりその様子を

目に焼き付けるということまではいきませんでした。



が、そんななか

なんとか一瞬、パチッと撮ったのがこれ。



IMG_0207



かなりボケボケなのでわかりづらいと思いますが

暗い神殿のなか、真ん中に陽があたっています。




奇跡の瞬間は

そんなこんなで

一瞬で過ぎ去っていきました(笑)




と、同時にどんな状況であろうと

楽しむことができるたくましさは

生きていくなかで

何よりも力になってくれると

教わった日でもありました。





IMG_1091




神殿の外はまだ長蛇の列。




そんな人間たちの様子を

愛おしそうに見つめながら

太陽は微笑んでいるように見えました。





★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップの告知」

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 6月23日(土)14時~15時30分

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5分

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

★ TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10:00〜17:00 )


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら





エジプト旅①

エジプトについて

いつものように

ひとつの旅の記録として

綴ろうと思っているのに

どうしてか

なかなか進まずにいました。





これはどういうことなのかな…?



数日考えてみたのですが



正直言うと



自分でもよくわからないのです。




P2252896



30時間以上かけて行った遠い異国の地。




さぞや衝撃的な化学反応が

内なる自分のなかに起こるか~!?と

若干期待したりしましたが(笑)




思いのほか


そういうことはなく



いい意味で普通に

旅を楽しんで帰ってきた自分がいます♪




IMG_0787

宮崎ますみちゃん率いるエジプトツアー♪


IMG_0479


IMG_0483



IMG_0512



P2232849



エジプトという遥か彼方の地に


ドラマチックなものを見出して


自分もそのドラマに浸りながら


「気づき」をもらおうとしたり


「関係性を確認をしたり」…


歴史的なロマンあふれる物語という


ひとつの枠にあてはめながら


答えを出そうとする…


それを否定する気は全然ないけれど


そういう遊びを


私はしたいとは思っていないんだ。






そのことが今回の旅でわかった気がします。



IMG_0491



どこにいても私はいつも私なんだな、と。





IMG_0991



スーパーで大根を選んでいる私と

遠い地の神殿で祈りを捧げている私と

何ら変わりはない





ドラマチックなストーリーを外すと


「いつもの自分」しかいないことがわかります。






意識はいつでも繋がっていることを


より深く感じられるようになります。







情けない私も

歓びに溢れている私も

結局は、ただの私でしかなく

光のエネルギーの一部でしかない。




そこにいいも悪いもなく

自分が心地よいと感じる周波数の世界で

それぞれが生きているだけ。




これは前から何度か

伝えては来ていることですが




いつからか比較からくる「特別性」

惹かれなくなっていること

興味がなくなっていることを

あらためて感じることができたことは

エジプト旅から頂けた

大きな収穫だった気がします




IMG_0704




紀元前数千年前という太古の時刻と今の間に

時間軸のような距離は感じられず

いつも「今」だけがありました。






また旅の最中に

自分の半径わずか500mのなかで

世界の縮図のようなものを感じた瞬間が

何度かありました。








すべては自分の周波数が

目の前の世界を映し出しています。





そこに特別な意味づけをする必要はなく

目の前で起きていることに

感情をのせずに

ただ冷静に見つめられる自分を

創っていくことが大事な気がします。







旅から戻ってきて

感じたことは、

うん。きっとこういうことなんだな…。




綴りながらようやく腑に落ちた感じです(笑)




そんななかで

小さな小さな

祈りをしてきました。



IMG_0578



自分なりにささやかな御神事のつもりで

この地に「光の柱」を降ろしてきたいというのが

出発前に思ったことでした。





でも降ろすとか…


そういう表現も違うな~と思い


ただその場のエネルギーと


作品の光を


友として寄り添わせ


ご挨拶してハグして仲良くチューニングさせて来た感じです。





IMG_0401

新作「光の柱」は2連作





ドラマチックじゃなくてごめんなさい。

ふつうのことをしてきました(笑)




今回のブログは整理をかねて

ありのままに感じたことを

綴ってしまったので

かなりとんちんかんな内容だったかもしれません



次からはもう少し具体的に

旅の話をお伝えしていきますね~




IMG_0480




どこにいても

私は「わたし」から離れることはない。

だから独りぼっちになりようがない。

同時に「これが私」と思い込んでいる以上に

無限の「わたし」が私のなかにはいる。






★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆

「ワークショップのお知らせ

<ヒカルランドにて光の瞑想体験&トーク>

 

日時 623()14時~1530

場所 ヒカルランドセミナールーム 飯田橋駅より徒歩5

 
会場では絵を展示します。

今年の新作版画「光の柱」の先行予約なども考えています


 

詳細・お申し込みは下記をご覧下さいね。(^-^)

http://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000001772

 

TELでのお申しこみは→★ 03-5225-2671

( 平日 10001700


※電話の際は、ChieArtセミナーと一声お伝えください。 



よろしくお願いします





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら






エジプトで感じたこと

ただいま♪



出国時は寒かったのに

帰国したら暖かくなっていました。



春なのですね~


暖かいのはとても嬉しいけれど


鼻がムズムズ。。




大好きものと困るものが

2つセットで送られて来るという…

私にとって微妙な季節ですが



どんなにがんばったって

春を味わえるのも

わずか数十回のこと。



好きな方だけにフォーカスして

気持ちよい春にしていこうと思います






さて今回のエジプト旅。


ひとことでいえば


濃厚でした~



IMG_0499




わりとあちこちを


旅している方ですが


エジプト旅はある意味スペシャルで


正直まだ消化しきれていない感じです。




IMG_0907
ギザの大ピラミッドからの朝陽




私の中でこの消化が終わるまで


旅は続いているのだと思います。





深く落とし込むための時間を


余韻としてもらえたことに感謝です。





ゆっくりゆっくり


私のペースで旅を終えていこう。






IMG_0473
女神っぷりが半端ない(地はお茶目な)宮崎ますみ嬢~





まだ名前も付けていない新作を持参。


IMG_0729


旅の御供というか、

この方々がメインで

私はあくまでも補佐役だったかも




私が感じたエジプトについて

次回から少しずつ綴っていきますね。





「おまけ」


パッキングの時は

毎回スーツケースのなかに入り

におい付けをかかさないロア嬢。

スーツケースから離れないので

準備が進まないのも毎度のことです。



そんな娘と親子になれた記念日が

3月3日お雛様の日

今年も一緒にこの日を迎えられてよかった



P2192742
忘れものないデシか?と親のよう





☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆☆☆彡☆☆★★★☆

 ChieArt Shopでは

新作ミニ版画などを販売しています。

よろしければのぞいてみて下さいね



至高の愛

作品「至高の愛」




静穏な響き

作品「静穏な響き」




seimai_no_ibuki_03

作品「生命の息吹」




★ChieArt Shop→
こちら