ChieArt Diary

ChieArt Diary

2019年05月

アトリエの祈り

今日は制作への想いについて。




自分でいうのも何ですが

「集中力の深さ」だけは自信があります。



作曲していたとき

気づけば翌朝ということは何度もありました。

朝9時~翌朝4時くらいまで

ひたすら鍵盤に向かっていて

我ながら「こりゃ何かに取りつかれてる!」

と苦笑していたことを思い出します。




それと同じ状態が

アトリエでも行われています。



IMG_E5825



腰を丸めて中腰で描きつづける姿勢は

決して楽なものではなく

肉体的にはどうしても負担がかかるので

いつまで出来るのかな…と

ふとよぎることは正直あるのですが

いつかは筆を置く時が来るという

時間軸での制約が

逆にやる気スイッチを押してくれている感じです。



絵描きになった当初から20数年間

伝え続けていることは、

驚くくらいまったく変わっていません。




自分が嫌いな人も

自分をゆるせない人も

悲しみの沼に入りこんでしまっても

先が見えなくて苦しくてたまらなくても

どんな状態であろうと

どんな人であろうと…


あなたはこの光から離れないし

光はずっとあなたと共にいる、ということ。





当時はなぜ光の絵なのか

光を表現することに関しては

なぜこんなにも確固たる自信があるのか

自分でもよくわからない中で描き続けていました。




ただ自分がこの光そのものであることを思い出せたなら

もっと自分を愛せるようになるのではないか…

もっと優しい自分になっていけるのではないか…

得体のしれない不安が取りのぞかれるのではないか…


そう思って光を生み出していました。





いまは光を描き続けている理由を

深い部分で思い出している自分がいます。



光の仕事に対する向き合い方も

より深くなっている気がします。





だからなのかな

わずかな期間(1か月弱)で

信じられないことに

1年分近い光を生み出していたことがわかりました!



!!!!!!!!



そのすさまじい情熱に

我ながら驚きます。



最高の歓びとともに

命がけで魂の仕事を行えている人生は

つくづく幸せだと思っています。





「エメラルド碑」

「地球への祈り」

「救世主」

「マリア意識」

「聖櫃(せいひつ)」※アーク

「大日如来」

「Star Gate」



生まれ出た作品たちは

錚々たる…なものが多く

これもまた

今の大変化の時代に伴い

この地球に誕生してくれた光なのだろうなと

一人しみじみ感じています。



IMG_E5765


令和という新時代初の今年の原画展

どんな光たちが並ぶのか楽しみです。




=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





秋山佳胤氏&Chie講演会  

6/16日(日)13:30~16:00 


秋山佳胤氏とのコラボ講演会を主催して頂きました。

今回のリトリートに関連して

レムリアの話も出来ればと思っています。

さらに濃厚な多次元の話も出てくるかも…(笑)

いつも何をお話するかは事前に考えないので

その時の様子を見てのお楽しみということで。

参加ご希望の方は以下よりお願いします。


https://www.facebook.com/events/393038531425684/?ti=icl


※版画購入をご希望の方は直接会場でお求めできます。
但しクレジットカードは使えませんのでご了承下さい、




Shopで新作2作品が販売開始中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★



レムリアの記憶

宮古島から戻って来ました。

ひとことでいうと…

最高に素晴らしかった!

(手前味噌ですみません



宮古島 1658


参加者のみなさまは

愛に溢れている素晴らしい方々ばかり。




約50人という大人数で

ほとんどの方が1人参加だったにも関わらず

全体が調和に包まれていて

まるで大昔からの知り合いに会ったかのよう。

(そうなのですが…笑)





一緒に過ごしているうちに

光が柔らかく溶け合い

温かい輪でひとつに繋がっていく様子は

そばで見ていて心が震えました。


宮古島 1656



そう、これをしたかったんだ~!



優しい仲間と過ごすやすらぎ

分離から統合に向けて動いている大事な今だから

その感覚をもう一度

しっかり思い出して欲しいと願っていたんです。





私は誰かに教えてもらったり

どこかで学ぶことはないので

独自の感覚で行います。


IMG_4253


ワーク内容も

宮古島に着いてから

アイデアが湧いて実践したものでしたが

まさに必要なものだったと思っています。



宮古島 1664




この日のためにみなさんのことを想い

コツコツと作り上げて来たものなので

その想いの分の光は贈れた気がしています。




そうそう今朝の夢は

参加者のみなさんと

光が差し込む巨大な古代遺跡のまえで

記念写真を撮ったものでした。



IMG_4255



あまりにも濃厚で

時空を完全に超えてしまっていて

まだからだがふわふわしています。



からだを2~3日は休ませてあげたいと思うものの

どうも流れはそうにもいかないようで

今日も明日もアトリエ籠り




レムリアの記憶がどんどん蘇ってきています






秋山佳胤氏&Chie講演会  

6/16日(日)13:30~16:00 


秋山佳胤氏とのコラボ講演会を主催して頂きました。

今回のリトリートに関連して

レムリアの話も出来ればと思っています。

さらに濃厚な多次元の話も出てくるかも…(笑)

いつも何をお話するかは事前に考えないので

その時の様子を見てのお楽しみということで。

参加ご希望の方は以下よりお願いします。


https://www.facebook.com/events/393038531425684/?ti=icl


※版画購入をご希望の方は会場でお求めできます。



 


Shopで新作2作品が販売中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★







宮古島へ繋がる光

宮古島では何かが待っている予感。

知り合いが一人もいない土地で

自分の感覚だけをたよりにして。



IMG_3820


なぜ宮古島なのか。





平成から令和へと時代が変わるとき

突然、映像が飛び込んできて

わかった部分がありました。



縄文時代の何かが導いていると思っていたのだけれど

もっともっと深かった…。


IMG_3825


宮古島入りする前に訪れた

玉置神社、高野山、花の窟神社、伊勢神宮。


ロアも女性性がキーワードな子なので

旅のお伴でママのお手伝い。


ロアは悪質なブリ―ダーにより劣悪な環境下で
ただ繁殖犬としてだけ働かされたあげく
殺処分寸前にレスキューされた経緯があります。




402
花の窟神社


399
玉置神社


275
伊勢神宮


180
高野山



どうか<あの光>に繋がるように…

微力な自分だけれど

持っている最大限を使って行おうと

静かに誓って来ました。



玉置神社では絵が奉納されました


そんな予定ではなかったのですが

これも完璧な流れだと思っています。




「この世界を知っている方なんですね…幼少の頃からですか?」と聞かれ

隠すこともなく

「はい」と答えている自分がいました。





この子たちは玉置神社へ。

176
作品「光の扉」




誰に頼まれたことでもないけれど

勝手にみんなのご祈祷までお願いしてきちゃった。



これもそれも頭で考えたことではなく

もっと大きな自分を信頼しての流れ。



どんな時でも

いつだって

すべては完璧な流れのなかにあるのです。



その時は理解できなくてもね、

そうなんです。




後になって気がつくことってあるでしょう?

あの時があるから、今の自分がある…って。




その気持ちが今ある状況に光を生み出していきます。




それでも不安な時は

心の中で何度もこんなふうにつぶやくといいです。



大丈夫。これもそれもすべては完璧な流れ。
どうしたっていい方向にしか行かないから大丈夫!



だって本当にそうなんだもの(笑)



325


安心の光が

今日も明日もこの先もずっと

あなたに降り注ぎ続け

あなた自身が実は

<安心の光そのもの>であったことを

思い出していきますように



大丈夫。これもそれもすべては完璧な流れ。
どうしたっていい方向にしか行かないから大丈夫!



それでは行ってきます




 


Shopで新作2作品が販売中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   再入荷しました!

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★



ドイツ・ベルギー旅最終回

衝撃的な話を

前夜聞いたばかりとは思えない清々しさで

ベルギーのリエージュへ♬



思考というものが

いかに遠回りをさせてしまうかを

ベルギー行きのチケット売り場で

気づいた出来事がありました。



近そうだからベルギーまで行っちゃおう♪

その程度のノリだったので

ブリュッセルに行くか

リエージュもいいらしいくらいの薄~い情報で

さっぱりわからないままチケットカウンターへ。



目的はただベルギーへ行ってみることなので

有名なブリュッセルでいいのでは?と

とりあえず金額を出してもらうと


日本円で5万円少々




むむぅ…意外に高っ!(^^;)



一旦、気持ちを整えるべく

チケット売り場で

改めてネットでベルギーを検索


(ここで初めてかいっ



ところで場所を決める時

Chieさんはどうやって見つけるんですか?

という質問を受けることがあるのですが

私は感覚人間なので

例えばパッと画面に出た景色が放つ雰囲気などで決めています。


あれこれ読み込んで決めることはまずないです。

その方が余分な情報に振り回されなくて済むので。




この時も画像をみたら

ブリュッセルではなく

私にとっては無名の街であるリエージュの方が

雰囲気がよく感じたので

そっちにしよう!

後は値段次第!!



再びチケットカウンターへ行くと

リエージュは

ブリュッセルよりも安くて

日本円で換算すると3万円少々だそう。



うん、1人約3万円で他国に行けるんなら…と


リエージュの方に即決したのでした!



その後、改めて領収書を見て

初めて気づいたことがあるのですが…




ベルギーは4人でいったのですが

その費用は4人分のトータルだったことに気づいたんです!!


つまり往復7,500円くらいで行けちゃうことに!




仮にこの事実に最初に気づいていたなら

1人1万円少々だからと

間違いなくブリュッセル行きにしていたと思います。



しかし魂はすごい!

適したやり方で行くべき場所へ

ちゃんと導いてくれるんですよね。





IMG_2536


初ベルギー到着

何から何までわからず

インフォメーションセンターに行けばどうにかなるかと思ったら

なぜかこの日はClosed



何とかバスチケットを購入し、

観光の中心地のインフォメーションセンターでマップをもらい

いざ、小さな街を散策開始~。

お仲間がいると心強いです





リエージュの青空は

私が好きなヨーロッパの青。

いるだけで気分があがります


IMG_2446
聖バルテルミー教会


この中にある「聖バルテルミ―の洗礼」は

ベルギー7大秘宝の一つだそうです。



IMG_2356
373段の階段をあがるビューラン山



IMG_2561
頂上から眺めた景色は気持ちよかった~




焼きたてワッフルは最高に美味しかったし

本場ベルギーチョコも最高だったし

「聖ポール大聖堂」「ペロンの噴水」「君主司教宮殿」と

観光名所にはほぼ行けたので

みんなお腹いっぱい気分でしたが



最後の一か所「聖ジャック教会」はどうする?


といったところで

いい意味でみんなの貪欲さが出た


IMG_2477


なかなか来れない街だし

時間もまだ少しあるし

「どうせなら行っちゃおう~!」


IMG_2331




それは単に

余白を塗りつぶす感じで決めたことでした。



歩き出すと


あ…またホタテ貝…。

IMG_E2472

ここもサンチャゴ巡礼道だったのか…。



予備知識がないままに訪れたこの街は

西ヨーロッパの十字路だったそうで

フランス語圏の中心でもあったそう。




だからやたらフランス語が耳に入ってきていたのか。



そしてもっとも重要な点は

ここはかつて強大な権力を持つ

司教領首都だったそうで

隆盛をきわめた「宗教都市」だったということ!!



なるほど~

コンパクトながら

単なる観光地という感じでもなかったので納得です。



「聖ジャック教会」

IMG_2531

貸切状態だったのでゆっくり祈り

時と光と戯れることができました。


IMG_2524 (3)



IMG_2651



教会内にもサンチャゴのホタテ貝発見。

巡礼場所の証明書なのかな?


IMG_2514


そしてここはベネディクト派の教会だったことが

いま調べてわかったのですが

(いつもながら調べる順番が逆っ



ベネディクト派…といえば…そう

ヒルデガルド修道院!




ここでまた繋がるんだな…。


IMG_2675 (2)

この教会は光に満ち溢れていて

光に溶けてしまいそうな感じでした。





そうそうサンチャゴ巡礼といえば

ヒルデガルド修道院の裏の塀にマークが。



IMG_2821




11年前。

亡き母を想い、気持ちと向き合い行った800キロのサンチャゴ巡礼。



IMG_2810


今年はもうすぐ母の13回忌です。




サンチャゴ巡礼のことは

わざわざ思い出すことはなかったので

今回まさかこのドイツ旅で

ホタテ貝を見ることになるとは

思ってもいませんでしたが


私にとっては

いつまでも母と繋がる思い出になっています。




聖ヤコブが祀られているのが

サンティアゴ・デ・コンポステーラ。

そこを目指して歩く巡礼が

サンチャゴ巡礼。



そしてこの旅は

「聖ヤコブ教会」から始まったのでした。

そしてリエージュでも

ヒルデガルド修道院でも巡礼のマークが…。




これは母からの、

文字にはならないレターが

贈られて来たに違いないと思っています。




巡礼とは聖なる神とひとつになりながら

辿る時間だと思うのですが


その聖なる神とは

キリストやヤコブやブッダなどという

聖者をさしているのではなく


自分自身で在るということを

思い出して欲しいと心から願っています。


それがわかると

不安も恐れもなくなります。




もちろんそこにたどり着くまでには

自分が信じている様々なものを

大事にする時間があっていいと思っています。



ただそこで終わりにするのではなく

あくまでも通過点であって欲しいです。





すべては自分が創り出しています。

創り出している自分自身が宇宙であり

光そのものなのだから。






ドイツ、ベルギー旅。心地よいエネルギー場に行けたことだけでなく

素敵なメンバーとご一緒できたことが

何よりも幸せなことでした



IMG_2577


みんな、本当にありがとう



今回ご一緒したお仲間はご縁が深いらしく

すでに四半世紀のつき合いの人もいれば

10代の頃にすでに出逢っていた!という驚愕の事実を知った人もいて

なんやかんやであれこれ繋がる繋がる~!笑


IMG_2779


何のご縁もないと思えること

人ごとだと捉えている出来事

そのすべては自分が見せている世界。



ぜんぶ繋がっているんですよね。



だからこそ自分の責任で

少しでも状態を心地よくしながら

この世界を美しくクリエイトしていきたいと思っています。



IMG_2242



大好きなみなさまへ感謝を込めて

またこれからもChieArtを

どうぞよろしくお願いします!





さぁ次は宮古島

ChieArt初主催の「女性限定のリトリート」です



久しぶりにDNAレベルに働きかける

大きな魂の仕事をしに行く感覚に勝手になっています。



素敵なご縁の光が集結するその時を

心から楽しんできたいと思います

 


追伸

旅ブログは実はとても苦手で

思いのほか時間がとられてしまうので

正直いうと毎回書くのは難しいかな…と思い始めています。

余裕がある時は備忘録としてまた綴ろうと思いますが

FBに写真だけで終わってしまうことも

今後出てくると思いますがよろしくお願いします。



勝手にしろ!という話ですが

一応伝えてみました~

(いかにも怠け者らしい言い訳だな、こりゃ





Shopで新作2作品が販売開始中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   再入荷しました!

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★




ドイツ旅 闇と光⑥

それは突然起きました。

打ち上げディナ―が終わり

帰宅時のことです。


今日のブログはちょっと濃いので
読んでいてスルーしたくなった方はして下さいね。




ケルンでの滞在先は

私をご存知の方のご厚意により

ある方の家に泊まらせて頂くことになっていました。





そこは趣のあるアパートメント。



ヨーロッパではあるあるですが

エレベータはなく階段で6階まで。



何でも便利さばかりを追い求めがちな現代で

不便さもひっくりめて暮らしを愛する姿勢が

そこにはありました。



IMG_2282
街の景色。この写真と滞在先は何の関係もありません。



階段を一歩一歩…

部屋が近づくたびに

急にお腹が痛くなってきたんです。


寒気も…。



この日はケルンまでの長距離移動があり

その足で展示コラボレーションを行ったので

滞在先が近づいてきて

気が緩んだのだろうな…

そんなふうに思いながら、6階に到着!




すると玄関の外にもれる独特の強い匂いが…。





一言で表現すると

本格的なカレーを作る時の

強烈なスパイシーな香りに

さらに何かミックスした感じ。



ご飯は食べて来てしまったけれど

もしかして

わざわざ何か煮込んでくれていたのかな…



若干、恐縮しながら部屋に入り

しばし談笑をしていると



あれれ、ごめんなさい!



いきなりの気配でおトイレへ駆け込み


The デトックス

(お食事中の方ごめんなさい




からだが熱っぽくなっているのがわかります。




出発前に体調を崩してしまい

点滴してからの出国だったので

まさかまたぶり返した?

海外なのに勘弁して~っっ

(体よ、がんばってくれ~!)と祈る気持ちで

早々にベッドに入らせて頂きました。




ご主人が廊下や私が泊まる部屋の匂いを

クンクン嗅いでいるのが妙だな…と不思議に思いつつも

気絶するように爆睡…。



翌朝、

熱特有の鈍いからだの痛みを感じながら

(これじゃ、みんなと一緒に行動するのは無理かも…

今日だけは寝させてもらおうかな…)


真剣に悩みました。

ベッドから動けない、と思ったんです。



でもひとまず顔を洗おうと

ベッドを出たら

気合いスイッチが入ったのか

少しだけ重みが軽くなった感じがして

みんなにも会いたいし

出かけることに。



体調が優れないことを素直に伝えると

さすがチャネラーやヒーラーたち。

これは風邪とかじゃないと思う…と。

誰かのエネルギーが入っちゃっているんですね、と。

(葛根湯を飲んだことは内緒



後で聞いたらこの時の私の顔は

驚くほどの土気色だったそうです



心優しいみんなに癒され

BIOマーケットで

元気な野菜たちがいるコーナーに

しばらく身を置きながら

植物エネルギーに助けてもらい

(完全に変なひとになってる

街を歩ける状態にまでに回復。




その夜、滞在先の方と合流して

みんなで一緒にご飯を食べていると

ある流れから

その方への個人セッションのようになり

私が宿泊している家についての

ストーリーを知ることになったんです。



それはチベット料理屋さんで

べジ料理を食べている時でした。

IMG_2721



ご主人は敏感な体質の方なのだそうですが

「ある時から部屋に変な臭いがする…」

言いだしたらしいんですね。


それで臭いを気にして確認していたんだそうです。



以前住んでいた下の階の方、

すでにもうお亡くなりになられているそうですが

その方は「出してくれ~」とよく言っていたそうです。

精神疾患になり亡くなったそうなんです。


そこで何が起きたのかはわかりません…。



新しくその部屋へ入居された方は

愛想が良く明るくて素敵な方だったらしく

当初はよく一緒にご飯を食べたりしていたそうです。



それがなぜかだんだん明るさが消えていき

どんどん太り始め

皮膚疾患が出始め

明るく社交的だった人が

いつしか完全な引きこもりになり

現在もその状態が続いていて

うつ状態になってしまっているのだそう。




スピリチュアル好きな知り合いに相談したところ

「すぐに除霊をした方がいい!」といわれ

決められた日時に

ある儀式を行うようにと言われ

ちょうどそれを行い始めたところなんだそう。


それは一日置きらしいのですが


私が前夜泊まった日はちょうどその儀式の日だったらしく

スパイシーなあの香りもその儀式で使うためのものだったらしいんです。



さらに話を聞くと

そのアドバイスをしてくれた人は

スピリチュアルなものを学び始めたばかりの方で

練習台として無料で教えるので

試してみて欲しいということだったらしく…





指定されたその儀式場所は

私が泊めていただいた


まさにその部屋だったそう!





な、なるほどね…。

私がお邪魔させて頂いたあの部屋指定だったのか…。

そっか…やっちゃってたのね…。


( ̄ー ̄)



……


なるほど。

なるほど。




それは。

えーと、なんというか…。

えーと、やめようか、とりあえず…。

うん。やめちゃおう。

ただちにやめよう!

いますぐに!!!


( ̄ー ̄)





学び始めの方が試しでやることじゃないです。



そりゃー寒気もするわなっ

悪気はないとはいえ

悪魔儀式でモンスターたちが

集められた部屋にいちゃってるんだから




葛根湯とかじゃなかったよ




正直に思ったことを伝えると

住人の方々は、思い当たるふしがある…と。


最初に感じた嫌な臭い
儀式を行い始めたら
さらに臭いが強くなってきたので
違う…と最初は疑ったらしいのです。
それでもやり続けているうちに
どんどん感覚のマヒが起こってきて
改善されているのか悪化しているのか
わからなくなっていた時に
私が訪れたそうなのです。





敏感だというご主人のからだにも

支障が出始めていたそうなので

ちょうど仕事をお休み中ということだし

せっかく絵を持って来ているのだから

「光を並べてゆっくり瞑想をすればいいですよ」

絵をお貸しすることにしたんです。




留守中におこなった光の瞑想が

とても気持ちがよかったそうで



「絵が揺れ始めて

気がついたらその光のなかに入っていって

光がパっと包んでくれて…!!」


高揚しながら嬉しそうに

いい時間だったと語ってくれたご主人の

晴れ晴れした笑顔は忘れられません。



その後も家族みんなに

嬉しい化学反応が起こって来ているようでよかったです。



ところで今回の件で

お仲間から言われた言葉にはっと気づいたことが。



衝撃の告白を聞いた夜

私はその部屋にまた戻ることになるわけですが

「またそこに泊まれるなんてすごすぎ。私は絶対無理!」


言われてみたら確かに気持ちがいいわけではない。



昔の私だったら同じく

無理無理無理っ~!!!

と確実になっていたと思います。


悪魔除霊儀式の場所に寝るなんて

どんだけマニアック~!…って





でもいまの私は不思議なくらい気にならず

その夜もその部屋で眠れる自分がいたんです。




その話を聞いても

動揺していない自分がいました。




からだには影響が出てしまいましたが

精神にその影響が及ぼされることはないことを

いまの私は深い部分できっと知っているんでしょう。



IMG_2393



その部屋に3泊させて頂いている間

クリーニング&セッションを静かに続けながら

私がそのご家族に出来ることは

少しはお渡しできたんじゃないかなと思っています。



これもご縁




「鈍感なので何も感じないんです」と言い続けていた奥様が

この短期間ですごく敏感になり

「絵のゆらぎを感じました!

眺めていると絵がどんどん白くなって…

自分と絵の境がなくなって

その世界を体感できたなんて!

こんなに安らかで至福な時間があるなんて

大事なものを忘れていた気がします…」

号泣されながら話して下さったことは

作品にとって誇らしいことだったと思います。

作品たちお疲れ様、よかったね。



私自身も今回の体験を経たことで

いまの自分を知る発見にもなっていたので

すべての流れに心から感謝です。



IMG_1977




闇をかつては怖いと感じていました。

そのころ闇は光と分離されていて

対極にあると信じ込んでいました。



IMG_1748



いまは違います。



むやみに不安にかられることはないです。

闇も光も「表現の違い」だけだとわかっているから。

集合意識が勝手に闇のイメージを作りあげているだけ。

闇は観客の声援に応えてそれを演じているだけなんです。




自分のなかに存在する光、

それを信じきれる一つの軸があれば

恐怖はおのずと外されていきます。




恐怖を創っているのは自分。

光の住人になるのはとてもシンプルなことです。



IMG_2285



次回はいよいよ最終回。

ベルギー、リエージュです。





Shopで新作2作品が販売開始中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★





聖なるドイツ旅⑤

令和になって初めてのブログです。

ですが今日は令和についてではなく

旅の続きを。。

(令和についてはまた改めて~)



世界遺産のケルン大聖堂。

ゴシック様式のものは

どれも表情が硬いので

厳しさや権威といったエネルギーを感じます。


IMG_2645


火災や宗教改革など様々な影響で

完成までに600年以上という

果てしない年月がかかったそうです。




この大聖堂は

そのすべてを見て来たんだなと思うと

感慨深いものがあります。



…とか言いながら

いい年こいて

子供のように大聖堂の前ではしゃいでいます


IMG_2670

きゃはは~楽しい~

IMG_2671



ところですっとぼけの私

東方三博士の聖遺物が

ケルン大聖堂に納められていたことを

調べてていま初めて知りました




そしてその場所を知りさらにびっくり



大聖堂に入った時にちょうど練習演奏が始まり

その音に導かれて行ったところが

聖遺物の真正面だったんです。


きゃー!私いたんだ。。。



しかし残念なChieさん

まったくそんなことに気づくこともなく


IMG_2138

この写真左横の、階段のところに

東方三博士の聖遺物が置かれていたのだそうです。




で、私が撮っていたのは

すぐ目の前の聖遺物をスルーして~の



IMG_2145


演奏者かいっ!( ;∀;)



さすがです…自分に拍手を送ろう…



唯一帰り際に振り返って撮った1ショット!

奥にある金色のものが東方三博士の聖遺物だそうです。

IMG_2141 (2)


どうもいつも微妙に惜しいChieさんですが



ドイツに光の波動を届ける気持ちは真剣です。



夜から始まるコンサート&絵と詩のコラボ

みなさんの心に光を灯せるよう精一杯行っていこう。


IMG_2158


大聖堂にご挨拶を終え

いよいよ会場へ。

ここのすぐそば。

IMG_2166



IMG_2202

ほぼぶっつけ本番で

リハーサル時間もわずかしかありませんが

動画のチェック、絵の展示チェック

メインが詩の朗読なので、読みのチェック。

ビア二ストさんと呼吸をあわせるタイミング確認をして


パパッと着替えていざ本番です!


IMG_2200


あまりにバタバタだったので

慌ただしいあまりに

うっかり撮影をお願いし忘れてしまいましたが

あの時間あの場にいたみなさんの心の中に

少しでも何かを残せたらいいなと思っています。


会場は満席御礼


IMG_2212

最後の一瞬を撮ってくれていた友に感謝です。ありがとう!

IMG_2216


IMG_2713

「すごく胸に響いて感謝を伝えたい…」と挨拶に来て下さった方。

「あなたの詩画集はドイツでは買えないの?」と聞いて来られた方。

「私は闇のなかにずっといてあなたとは対極にあるけれど

とても温かくて気持ちがよかった…」といってくれた方。

涙していた方もいました。



正直いうと

会場の様子もリハも十分でないまま

始まった本番なので

完全に状況を把握して臨めたわけではなかったのですが



不安要素は一つもなかった。


それは私の成長だと感じました。



どんな状況であろうと

私の中の精一杯を届ければいい、

その想いはしっかりと

私の軸に根付いていることを

改めて確認できたことが

少し嬉しかったです。




詩を読みながら

この声にすべての光を集結させる気持ちで届けよう。

そのことだけに集中している自分がいました。



だから何ひとつ揺れることなく

私の小さな世界はいつもと変わらず

平和で信頼の光の中にありました。




昔だったらこうはいかなかったなぁ…。

これも年を重ねてきたからだろうなぁ…。




ピアニストさん&応援してくれたお仲間も一緒に

夜は打ち上げディナー。


IMG_2197


この料理はすべてビーガンやベジタリアン用ですが

ボリュームいっぱい!!

IMG_2195

IMG_2198

IMG_2199


まさかこの穏やかな食事会の直後

とんでもない危機に立たされるなんて

この時は思いも寄らずにいました。




それはまるでドラマのような出来事でした。





つづく





Shopで新作2作品が販売開始中です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   再入荷しました!

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 



=================


<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪





===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★