ChieArt Diary

ChieArt Diary

2021年06月

光の奉納

なかなかブログ更新ができずにいますが

みなさまお元気ですか?

昨日メルマガ配信をしましたが、

受け取れていない方は

こちらよりアドレス登録し直しをお願いします→★★

メルアド解除も上記より手続きお願いします。



さて、今年に入ってからずっとずっと忙しくて

マスクしていないくせに

ぜーぜー息切れ気味



ロアの面倒を見ている時間

オラクルカード制作の時間

取材を受けている時間

原稿書いている時間

慣れないYouTubuに思いのほかあたふたして費やす時間

掃除をしている時間、食事を作る時間

特別なことは何一つない日常だけれど

どれもが大切な時間で

どれに対してもすべてにできるだけ丁寧に関わりたいと思うと

どうにも時間が足りなくて…

勝手にバタバタしてしまってます。

(要はどんくさいというだけですが



そんななか、つい先日の夏至の日は

出雲大社相模分祠で

ホツマツタヱ研究の第一人者である

いときょう先生と

ディジュリドゥ奏者のknobさんと

奉納と講演をさせて頂きました。


IMG_9948


IMG_9942


knobさんとは御岩神社の時にもご一緒させて頂いたのですが

力強くまっすぐな音の響きは

いまの生き方を映し出しているようで

ただただ美しく…いつも感動してしまいます。



いときょう先生の研究魂も素晴らしく

一本の太い軸がぶれずにある生き方は

やっぱり芯があって美しいと思っています。



そんなお二人とはちょうど1年半前に

持ち場が違う三人だからこそ

一緒に何か素敵な奉納ができるかも知れないですね…と

話をしていたことがあったんです。

その実現の日が2021年の夏至だったのは

宇宙が完璧な日に用意してくれていた気がします。


IMG_9964


ところでこの日、奉納のリハーサルの時に

予定にはなかったあるお願いをしたんです。


それは奉納の最後に

「君が代」を一緒に歌うことはできませんか?というお願いでした。



実はここ最近、やたらと「君が代」が浮かんで

何度も何度も頭のなかで流れていたので

意味は分からないけれど何かあるのかも…!?と

いつもの直感で、一緒に音合わせをするknobさんにリクエストしてみたんです。

奉納で行うものには入っていなかったことなので

当然断られるだろう…と覚悟していたのですが

「いいですね!やりましょう!」と二つ返事で受けて下さったので

この日「君が代」の歌も奉納することができました。

突然の提案を受け入れて下さった懐の深さに感謝です。


そしてこの後で、やはりそのことに深い意味があったことを

いときょう先生が教えてくれました。

やっぱり完璧なタイミング!!!




そしてそのあとで龍蛇神の神社でも

「君が代」を歌うことになりました。

ここではみんな一緒に ♪


IMG_9946


歌い始めたら

光が…降りて来てくれました。


IMG_9911

IMG_9913

IMG_9912

特別な技術がないので、いつもいま自分ができる精一杯しかできない私ですが

企画をたててくださった裕子さん、

進行をしてくださったしんちゃん、

奉納用にと、麻の美しいアクセサリーを手作りしてくれた

写真家の晃子ちゃん、気遣いの女神の康子ちゃん

いときょう先生、knobさん、

自然を大事にする信念を持った素晴らしい宮司さん他、

ご一緒下さった方々と過ごせた夏至は

ただただありがたく

光に包まれたひと時になりました


IMG_9951


心地良い疲労感とともに帰宅すると…



おかえり~デシ

IMG_9749
遅かったデシよ


うぇ~!このジト目…可愛いぞ(親バカ炸裂っ



ほっと一息、和らげてくれる人生の相棒にも感謝です。

さぁーまたがんばろう~


メルマガでお伝えしたYoutubeは下記よりご覧いただけます~



Youtube
<光のことだま>毎月第1第3金曜日配信こちら

チャンネル登録&コメントでの応援、よろしくお願いします 

作品動画もご覧いただけます



 <今年の原画展情報> 

画廊:銀座ギャラリームサシ 

9/19日(日)~25日(土)11時~18時 ※最終日10時30分~16時


 


<ChieArtショップのご案内>

Shop→こちら


hikari_murasaki



hikari_midori


創造の光輪二連作



神聖幾何学バージョン
神代文字(あわの歌)バージョン


20201030-DSC06458


0024_xlarge

他にもポストカードなど色々あります

★ChieArt Shop→こちら


 



無料メルマガ配信

たまにですがお知らせがある時に配信しています。宜しければご登録下さい 
※届かない方は迷惑フォルダに入ってしまっているかアドレス入力ミスの可能性がありますので、お手数ですが確認とご登録のし直しをお願いします。


メルマガ登録⇒コチラ
メルマガ解除も上記で。


インスタでは光と心地よい波動の瞬間を写真でお届けしています。
宜しければフォローで応援お願いします


ChieArt Officialインスタグラムこちら




<新刊本のお知らせ>

Amazonランキング2部門で1位
「緩和医療」部門「社会病理」部門で1位。

ありがとうございます


新刊本のお求めは→こちら


IMG_3492


1,500円(税別)




Chie作曲 CD「Lumtère」(ルミエール)
Amazonランキング 2部門で1位


IMG_1923


お求めはこちら→★★★

ご試聴はこちら→★★★ 



カスタマーレビューでご感想を頂けましたら大変ありがたいです。
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします




 

原点に戻った日

今日はちょっと長いです。お時間ある時にでもお読みください。


先日、静岡県にある緩和ケア病棟に伺わせて頂きました。


富士市にある緩和ケア病棟「いまここ」

名前からして素敵!!!

「いのちの旅立ち」を見送り続けながらも

暗さはまったくなく、むしろ居心地がよい温かさがありました。

そして、富士山がこんなに大きく見えました


IMG_9738


今回の訪問は、緩和ケア病棟「いまここ」の1周年記念のお祝いでした。


IMG_9742


ご一緒させて頂いたディジュリドゥ奏者のknobさんは

美しく心ある音の響きでまっすぐな愛を届けられていました。


IMG_9787


私も自分なりに伝えたかった話と、光の動画を見て頂きささやかなエールを。

IMG_9751


IMG_9786


友人でもある、素晴らしいお人柄の大木学医師は

こちらで日々魂の仕事をされているのですが

私の知り合いのドクターたちはみんな

ちょっと変わり者で(誉め言葉です~笑)

音の響きを使って患者さんや医療従事者のみなさんに

癒しを届けたりもしていて、本当に素晴らしいんです。



この日も白衣を着ることなく(笑)

knobさんと一緒に美しいディジュリドゥの響きを届けていました。


IMG_9761

たとえ患者さんが聴こえなくても動けなくても話せなくても

魂が歓んでいたことは反応でわかりました。

会が終わった後も、その時間の余韻を感じたくて

残っていらっしゃる方もいたんです。



想いって伝わるんですよね。



ところでこの日は私にとってChieArtの原点に戻った日でした。



20数年前、まだ画家になったばかりの頃

(この光をどこか役立つところに届けなくては!)という想いで

個人的に、児童養護施設などに小さなカレンダーを届けていたとき、

緩和ケア病棟へも行ったことがありました。



まだ30代そこそこ。想いばかりが先走って空回りしている、と感じながらも

それでもコツコツと施設へコンタクトを取りながら

あちこちに届けていたあの頃…。



いま振り返れば

どこのボランティア団体にも所属していないし

たった一人の名もなき画家の行動なんて

怪しいぞ、売名行為では?と思われても仕方ない話。

嫌な思いはしませんでしたが

役に立てた、という手ごたえもまったくないまま空回りの連続…。

でもどうしていいかわからなかった。



そんななか、緩和ケア病棟に訪問をした時に、

ある1人の患者さんと出逢ったのです。




その方は、私のところに来て話しかけてきました。


「何やってるの?」

「カレンダーを届けに来たんです」

「え、これ?あぁ、すごい!まぶしいなぁ…見てると何だか安心するなぁ



見てると安心する…そう言ってくれたんです。


その言葉こそ当時私がずっと欲しかった言葉でした。



無名な絵描きの個人的活動ってやってみると難しくて

どこにも役に立ててない…

そんなふうに感じていた頃だったので

もう嬉しくてありがたくて。


「よろしければ差し上げます」、おずおずそう言ったら

「え!もらっちゃっていいの?なんて幸せな日なんだ!こんないい日もあるんだな。部屋に飾ってこの光を眺めるよ、ありがたいねぇ」


この言葉を聞いた時、胸がいっぱいで泣きそうになったのを覚えています。



報われた…そう感じた瞬間でした。



と同時に、旅立ちまであとわずかという圧倒的ないのちの迫力を前にして

ただ「ありがとうございます」しか言えなくて…。

全部が薄っぺらになりそうで、何も言えなかった。

自分の小ささ未熟さが痛いほどわかったので

以来、ホスピス、緩和ケア病棟へは一度も行っていなかったんです。



あの時、しみじみ思ったんですよね。



いまやるべきことは、自分がどこの誰で

なぜ光を届けようとしているのかということを

必死に説明しながらカレンダーを配り歩くことに時間を費やすことではなく

どこに行ってもある程度は認知してもらえるくらいの、

信頼される絵描きになること、それが第一優先だ。



あの当時の想いがその後こころのどこかで軸となり支えとなり、今がある気がしています。


IMG_9743
患者さんやご家族の方が過ごせる「幸ハウス」



何が正解の言葉かけだったのかはいまだにわからないけれど

東日本大震災で被害にあった小学校へ支援し続けてこれたことも

カンボジアに小学校の建設ができたことも

すべては、あの時の自分の体験と決心が繋いでくれていることだけは確かです。


IMG_9753
余命を伝えなければならないその場所にカレンダーの光



このChieArtカレンダーはファンの方が病院への応援のつもりで購入下さったものです。

渡したかったらしいのですが、病院の事情で受取りができなくなったそうで、

代わりにどこかで使って欲しい…とお願いがあり

その想いをこちらに繋ぎ、ここで使って頂いています。

届けて下さった方、事後報告になりごめんなさい。

想いは活かされていますのでご安心ください




ところで、患者さんへの見方が

あの頃とはずいぶん変わった自分に驚いています。



昔は、緩和ケア病棟にいる患者さんに対して

必要以上に特別なイメージをもっていた気がします。

30代そこそこだったから仕方ないと思いますが。



いまは、患者さん(なのですが)という感じではなく

いずれは誰もが天に還るわけで

患者さんというより一緒にいまここで生きている「いのち」のお仲間、

そういう感じがしています。



20数年ぶりの緩和ケア病棟への訪問は

当時の自分を思い出させてくれた大切な時間になりました。


IMG_9734
撮影 堀田晃子 スペシャルサンクスです


大木先生だけでなく、川村まき先生も他のドクターもまた、

看護師さんやケア手伝いをされているみなさますべてが

真っすぐな思いで患者さんと心で接していることに感動しました。



また、伺いたいと思っています



大木学医師の紹介記事です→こちら
 
川村病院→こちら




Youtube
<光のことだま>毎月第1第3金曜日配信こちら

チャンネル登録&コメントでの応援、よろしくお願いします 

作品動画もご覧いただけます



 <今年の原画展情報> 

画廊:銀座ギャラリームサシ 

9/19日(日)~25日(土)11時~18時 ※最終日10時30分~16時


 


<ChieArtショップのご案内>

Shop→こちら


hikari_murasaki



hikari_midori


創造の光輪二連作



神聖幾何学バージョン
神代文字(あわの歌)バージョン


20201030-DSC06458


0024_xlarge

他にもポストカードなど色々あります

★ChieArt Shop→こちら


 



無料メルマガ配信

たまにですがお知らせがある時に配信しています。宜しければご登録下さい 
※届かない方は迷惑フォルダに入ってしまっているかアドレス入力ミスの可能性がありますので、お手数ですが確認とご登録のし直しをお願いします。


メルマガ登録⇒コチラ
メルマガ解除も上記で。


インスタでは光と心地よい波動の瞬間を写真でお届けしています。
宜しければフォローで応援お願いします


ChieArt Officialインスタグラムこちら




<新刊本のお知らせ>

Amazonランキング2部門で1位
「緩和医療」部門「社会病理」部門で1位。

ありがとうございます


新刊本のお求めは→こちら


IMG_3492


1,500円(税別)




Chie作曲 CD「Lumtère」(ルミエール)
Amazonランキング 2部門で1位


IMG_1923


お求めはこちら→★★★

ご試聴はこちら→★★★ 



カスタマーレビューでご感想を頂けましたら大変ありがたいです。
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします