映画「ひまわりと子犬の7日間」を観に行った。
2007年に宮崎県の保健所で起きた実話をもとに作られた映画だけに
臨場感あふれるシーンが随所にみられた。

保健所の職員と殺処分される犬の話というと
「残酷なものは見たくない」とか
「悲しい気分になるのは嫌だから」と
嫌悪するひともいるかもしれない。

気分がHappyにならないものを
わざわざ観に行く気にはなれないというひともいるかもしれない。

知らない方が「知らなかった」という言葉で濁せるから
いいと思う人もいるかもしれない。


私も正直な気持ちを言うと
以前動画で殺処分される犬たちの様子の映像を見ているので
(あの何とも言えない重い気分にまたなるのもなぁ・・・)と思った。
(もともと邦画はほとんど観ないし…)

でも春休み上映ということは
子供たちでも見れるものとして作られているのだろうから
目を伏せたくなるような残酷なシーンはないだろう…
そんな気持ちでやや揺れながら観賞したのだけれど

動物が好きな方
現在、動物を暮らしている方、
これから飼おうとしている方、
保健所の実態をまるで知らない方
もう飼えない・・と保健所に持ち込もうとしている方
そこで働いている人々の苦悩を想像することもなかった方…etc

勉強のつもりで観て欲しいなと思う作品でした。
※残酷的なところはオブラートに包まれているので大丈夫です!

大人になっても、「知らないでいる立場」をあえてとろうとするのは
なんだか人として残念なこと。

知ることからすべては始まる気がする。


P1100326



この小さな命をいっそう愛おしく感じた日