長野県、白馬でシルクの羽衣制作。
念願叶って、ようやく教えてもらう機会に恵まれたので
(なんと7年越し!!)
ここぞとばかりに集中して
セッセと描く!描く!描く~!!

__ (21)
写真に撮られていたこともまったく気がつかず無我夢中で作業。


世界にひとつしかない
極上シルクの布に描かれたChieArt羽衣。



__ (3)

染色家の第一人者である山岸先生は
放任主義なので教えてくれはしない。

「失敗でもなんでもいいからとにかくやってみろ」
そして覚えて探って掴んでいけばいいと言う。

でも、めっちゃ高そうなシルク布だからなぁ…
いきなり「やってみろ」と言われてもドキドキ…。
(福島で織られた絹布なんです!がんばれ福島県!の気持ちを込めて制作)


__ (17)



タペストリーにしてもいいし
シルクスカーフにしてもいいかも。

気がついたら6作品生まれていました!!
どなたか使っていただける方がいるかなぁ…
もったいないから自分でキープしてしまおうかなぁ…

んふふ 嬉しい迷い。

これから服飾デザイナーさんにお願いをして
周りを綺麗にかがってもらう作業に入る。

個展会場でお見せできるといいな。
間にあうかなぁ。

機会を下さった山岸先生&奥様。
繋いで下さった大内氏に感謝です!!

本当に本当にどうもありがとうございました!
お世話になりました。

怒涛の制作合宿は楽しかったな

今年は初チャレンジばかり~

未知なるものにふれるのはまた楽し♪



集中しすぎてこの後に倒れてしまったのは
また思い出のひとつのおまけということで(苦笑)