もともと夢のなかで
色々な人たちと
繋がることが多い私。


実際になかなか会えない友人たちも
夢に立て続けに出て来てくれては
ぽろっと本音で話してくれるので
意外と濃厚で楽しい時間だったりする♪

P1120014


最近になって
亡き母もまた毎日のように
出て来てくれるようになったのだけれど
何を意味しているのかはわからない。

謝ったり、家事を手伝ってくれたり…。

先日は、なんと
家のなかで寛いでいたら
「お迎えに来た」っていう衝撃の登場の仕方!

「え~!それはまたずいぶんと予定よりも早くない?
まだまだやることがあるし
息子や友人たちにもひとこと挨拶したいし、
やだ、突然過ぎて準備できていないんだけど~」

あたふた焦っていると
穏やかで優しい表情を浮かべながら

「誰だってね、最期は突然来るものなのよ」

母が醸し出す温かさは心地良くて
(そうか、母もそうだったんだな…)

そう思った瞬間に目が覚めたという。

セーフ!笑


これも何かを意味しているんだろうなぁ。

毎日を慈しみながら
丁寧に過ごしなさいってことかも。


ありがとう、母。
そうします~

何気ない毎日に感謝を込めて。