まだまだ完全ではないけれど
新刊本の執筆が少しだけ山を越えた感じ。

しばらく集中を求められる時間を過ごしてきた。
これがなんだか心地よい。

天国に旅立った魂たちがいる。

それは大好きな肉親だったり
愛する我が子だったり
かけがえのない動物たちだったり…

IMG_4178


天国から贈られてくるそれらのメッセージは
まるで神さまからの伝言のよう。

いい加減にはとてもできない。


残されたものにとって
明日を生きる糧になるよう


そんな一冊になるように
心を込めて最後まで集中。