今回の個展

実は初日前夜に

絶対にありえない
「あること」が起きました。


搬入時のこと、

お手伝いのみなさんと
いつものように
黙々と搬入作業を行っていた時のことです。


全作品、無事に展示作業が終わって
ほっとしていたら

あれ・・?

箱のまま
ぽつんと残されている作品を発見!


数を数え直しても
展示作品は揃ってる。

なんで1作品、余ってるの??


この日のために
何度も展示図面と
出展作品を確認してきたし

展示する作品だけをまとめて
ひとつの部屋に置いていたから
数の数え間違いが起こる可能性は、ない。


だいいち
展示する作品以外は
保管室に入っているので

保管室のドアを
作品が(!)勝手にあけて
出展メンバーの揃った部屋に移動するなんて

500%ありえないこと!!!

絵がドアツードアで
瞬間移動したら別ですが


心臓バクバクしながら
その箱を手にすると


それは


作品「聖なる預言」でした。


この作品は
昨年、非売品として出展したものです。


IMG_2639

左端の小さめの作品。


昨年の個展のDMにもなりました。


IMG_9808



自分で手掛ける個展は
毎年1度しか行わない上に
全国から
わざわざ来て下さることを考慮して

同じ作品を
2年連続で展示なんて
余程のことがない限り、行いません。


特に、DMに使ったメイン作品を
2年立て続けに展示するなんて
考えられない。


どう考えても
この作品がここにいる理由が見つからない

どこをどうとっても
納得できないことばかりだけれど

「大きな(エネルギーが高い)作品だから
見えない場所から光を送り続けるために
ここに来たのかも・・・」


無理矢理そんなふうに思うようにして
裏のスタッフルームへ
作品を連れていきました。


もし、飾れたとしたら

きっとこの作品は
この奥まった場所だったんだろうな・・・


そんなことをふと思いながら。

IMG_9275

奥まった小さなスペースの場所。




これが
個展が始まる前に
裏で起きていた
ありえない出来事でした。


写真を見て

実際に会場にお越しの方のなかで

あれっ!と思った方もいると思います。


作品がこれから会場で起こることを
すでに知っていたことに

私自身はまったく気づかずにいました。



IMG_9373

この時点では何もわからなかった私。




ちょっと長くなったので

つづきは次回お伝えします~!