銀座個展が終わったとき

「お疲れだろうから
美味しいもので栄養をつけよう」


お誘いがありました。


IMG_2541


誘いの相手というのは

現在大学院生の息子から。


学費、生活費を

自分で払っているので

結構シビアな生活をしているみたいだけれど


自分の力でやりたいからと

力試しをしている様子は、

なかなか悪くない、と密かに思う。


そんな状況なので


「私へのお疲れ様会だなんて言っても

自分では入れないような

高めのレストランで

たまには栄養をつけたいんだろうな・・・」


そういって向かったお店は


ミシュラン★★


やっぱりね



細やかなおもてなしと
素晴らしい職人の味を堪能しながら


デザートに移ったとき





IMG_0319



まさかのサプライズメッセージ


照れながら
お会計をしようと思ったら


「もう頂いています」と。


えっ? 支払い済み??


ご馳走してもらいたかったんじゃないの??

だいたい、お金なんてあるの?



心配をよそに


どんどん大人になっていく息子。
(って十分、年齢的に大人なのだけど



思えば彼が小さい頃から
サプライズをたくさん贈って来た。


ただ喜ぶ顔が見たくて。。


ふたり暮らしになってからは
いっそうサプライズは増えていった。


ゴメンねの気持ちと
寂しい想いをさせたくなくて。



気がつけば
同じことをしてもらっている私がいる。



言葉で一生懸命に
伝え続けてきたことは
意外に、届きにくく


黙々と行動で示してきたことは
不思議と、伝わる。



そうしてもらいたいという願いがなくても。




そんな「からくり」に
いまになってようやく気がつくなんて


なんて遠回り!(苦笑)




IMG_0316


いまでは父親のような?
頼れる「おやじ息子」で
私が叱られることも結構ありますが


私のもとに生まれて来てくれて、

私を母にさせてくれて、

学びの相手になってくれて

本当にありがとう、と心から思う。


未熟な親だけれど
何かしらバトンを
渡せられているなら嬉しいな。


そしてまたそのバトンを
重荷に感じたときは
どうか遠慮なく
いつでも置いて欲しい。




あなたの今日が幸せでありますように。



誕生日、おめでとう