忘れないうちに

旅の思い出を残しておこうと思うものの

どこから書けばいいのだろう…と迷うほど

多色で織り交ぜられた深く濃い時間の中にいました。


IMG_1514



昨年のヒルデガルド聖地旅と

あきらかに違う点は

ピアニストとのコラボという仕事があったことと




ディジボーデンベルクの修道院跡地や

最初に建てたビンゲンの修道院

アイビンゲンの修道院への再訪など

前回は周りきれなかった

ヒルデガルドに関係が深い場所すべてに行けたことです。



IMG_2031

ディジボーデンベルク

この扉の奥に8歳~40歳まで

ヒルデガルドが暮らしていたと言われています。


IMG_2040


対岸を渡ったり

山道を歩いたり


どこに行こうが

彼女のエネルギーは

ずっとそばに寄り添ってくれていたので

ヒルデガルドが導いてくれている感覚がしました。



IMG_2022


IMG_2044


当時は、ここには男性修道院があって

その敷地内の隅っこに

女子が小さく間借りした形で住んでいたそうです。

鳥のさえずりがものすごい倍音で

いるだけでどんどん余分なものが抜けていき

リラックスしていくのを体感しました。




ここを歩くだけで自然に瞑想状態に入ります。


IMG_2019



もともと出国前は

ヒルデガルド関係は

3か所を訪れる予定でした。

それが現地で急遽4か所に変更できたのは

ヒルデガルドのサポートがあったからかも

なんてふと思っています。




最後に過ごした修道院では

(昨年、ひょんなことから絵を奉納することになりましたが

今年はCDをお渡しして来ることができました)


IMG_E2684



今回も修道院には誰もいなくて貸切状態。

心ゆくまでそれぞれがゆっくりと

内観する時間を持てたことは

何よりも贅沢で守られたひと時でした。



IMG_2712



みんなで手を繋ぎ

光の恩送りをしながら

一体を感じたあの美しい時間は忘れられません。



ただ愛だけに包まれていたあの感覚を

いつでも誰もが感じられたなら

世の中に

不幸という文字はなくなると思いました。





祈り合うひと時が

すべて終わった瞬間に

それまで誰もいなかった聖堂に

人が入って来たのですが

まさに完璧なタイミングというものを

宇宙から見せられた気がしました。





人に気づきや癒しを伝える

仕事をしている人たちが

集まったこともあってか

個人的なことより

大我的な視点からの祈りのエネルギーが

旅の間、ずっと流れていたのを感じていました。





今回は私の知人友人が集まったので

私以外はみなさん初対面かな…と思いきや



信じられない繋がりもあり

やはりご縁で集められた

再会メンバーなんだなと感じました。



IMG_1798


ただ楽しいというだけでなく

光の中に存在する

たくさんの要素を含み感じながら

そのうえで最高にいい光の旅だったと思える

そんな素敵な旅



あまりに濃厚ですべては語りつくせないので

そのなかで

いくつかだけになりますが

少しずつ綴っていきますね。


IMG_2234




この旅が11年前の出来事に繋がっていたことを

帰国後のいま、ひとり静かに感じています。



IMG_2240







<2019年の個展情報>

9/22日(日)~28日(土)
11時~18時 最終日10時30分~16時

中央区銀座1-9-1ギャラリームサシ 

※個展会場では原画販売をいたします。
1年に一度なのでご興味ある方はぜひ♪


 


4/19日の満月の日に新作2作品が販売開始です!
心を込めて1枚1枚に直筆サインを入れています。

★ChieArt Shopこちら

IMG_1270

版画「如来」32,000円(税別)



IMG_1269

版画「イシス」32,000円(税別)




ChieArt羽衣スカーフ   同じく4/19日に再入荷!

G0228 (4)

羽衣スカーフ18,500円(税別) 
 





main


 ここからお求めいただけます→★★★

上記ページの下にカスタマーレビューを書くところがあります。
ご感想を頂けましたら大変ありがたいです!
これからの励みにしていきますので
よろしければお願いいたします



コチラでご試聴いただけます→★★★ 






===================

新刊本について

山川紘矢さんがブログで
感想を書いてくれました
★★


紘矢さんありがとうございました!

表紙

本のご購入はこちら⇒★★★